スマートフォンサイトを見る

大学概要

新潟医療福祉大学 将来計画

English

I.大学拡充計画の推進II.入試情報の提供強化III.教育内容の充実IV.学生支援の強化V.教員の人材確保VI.研究機能の充実VII.同窓会・生涯学習の支援VIII.地域・産官学連携の推進IX.国際交流の推進X.組織マネジメント改革(SDを含む)

II. 入試情報の提供強化

長期目標(2010-2020年度)

【基本目標】
めんどうみのよい大学としての認知度を向上すると共に、学生募集活動と入試制度の強化・改善を図り、将来優れたQOLサポーターとなるための学生を確保する。

【目標項目】

  1. 広報活動を強化する。
  2. 入試制度の改革・改善と情報提供を強化する。
中期目標(2014-2017年度)
  1. 広報活動の強化
  2. 入試制度の改革・改善と情報提供
中期計画(2014-2017年度)

広報活動の強化

  1. オープンキャンパス、広報誌、ホームページ(英語版を含む)等の媒体を活用し、本学の概要、特色、入試制度、入学者選抜方針、特待生制度・各種奨学金制度等について、学科・分野別、エリア別、入試区分別、高校偏差値別等の広報戦略に基づき、積極的に広報する。
  2. 受験生のニーズ及びトレンドを継続的に調査・分析し、募集力につなげる。
  3. 教員・事務局の連携のもと、学科個別の広報活動を強化する。
  4. TV・新聞等のマスメディアを通じた情報発信を促進し、県内外で大学ブランドを醸成する。
  5. 大学ブランド力の向上を目的に、強化指定クラブ及び競技スポーツの成果を積極的に広報する。

入試制度の改革・改善と情報提供

  1. 入試結果を評価・分析の上、必要に応じてアドミッション・ポリシーの見直しを図る。
  2. アドミッション・ポリシーに沿う入学者選抜の適切な運用を継続する。
  3. 入学者の追跡調査及び競合大学調査を行い、多様な入学者選抜方法を検討する。
  4. 優秀な入学者の獲得を目的とした、特待生制度、入学者選抜方法等を検討する。
  5. 受験生・保護者・高校教員等の幅広いステークホルダーへの入試情報の提供を促進する。

このページの先頭へ戻る