スマートフォンサイトを見る

大学概要

新潟医療福祉大学 将来計画

English

I.大学拡充計画の推進II.入試情報の提供強化III.教育内容の充実IV.学生支援の強化V.教員の人材確保VI.研究機能の充実VII.同窓会・生涯学習の支援VIII.地域・産官学連携の推進IX.国際交流の推進X.組織マネジメント改革(SDを含む)

IX. 国際交流の推進

長期目標(2010-2020年度)

【基本目標】
保健・医療・福祉・スポーツ領域で国際的に活躍できるグローバル人材を育成するため、必要な制度や環境を整備・充実させ、これらの領域で、アジアでの国際交流拠点を目指す。

【目標項目】

  1. 学生、教員がコミュニケ―ション力を高め、国際化に対応できる力をつけ、大学のグローバル化を図る。
  2. アジアにおける保健・医療・福祉・スポーツ領域の人材育成・学術交流を行うと共に、国際貢献・国際協力を行い、国際交流拠点となる。
中期目標(2014-2017年度)
  1. グローバル化に向けた国際交流締結の組織的・戦略的強化
  2. 学生の海外体験の機会の拡充
  3. 教員の国際化への対応力・国際的な発信力強化
  4. アジア等の保健・医療・福祉・スポーツ領域の人材育成の拠点づくり
  5. 国際貢献事業の推進
中期計画(2014-2017年度)

グローバル化に向けた国際交流締結の組織的・戦略的強化

  1. グローバル化に向けて、国際交流締結地域を重点化する。
  2. 既存の交流締結校との締結内容を戦略的に拡充する。
  3. 新規交流締結校を戦略的に設置する。
  4. 雇用創出と人材育成を目的としたアジアでの拠点づくりの枠組みを検討する。

学生の海外体験の機会の拡充

  1. 単位認定を含め、学生の海外研修制度を拡充する。
  2. 海外体験に関連する学生の英語等の語学力を組織的に強化する。
  3. 学生の海外研修体制を支援する事務局体制を整備する。

教員の国際化への対応力・国際的な発信力強化

  1. 教員の英語力向上のための国内外のセミナーを拡充する。

アジア等の保健・医療・福祉・スポーツ領域の人材育成の拠点づくり

  1. アジアで秀でる大学となるため、アジア諸国からの留学生受入れ方針を策定する。
  2. 学生受け入れ体制を検討し、整備する。

国際貢献事業の推進

  1. 英語版ホームページの内容を充実させる。
  2. JICA等の国際協力プロジェクトを推進する。

このページの先頭へ戻る