スマートフォンサイトを見る

大学概要

新潟医療福祉大学 将来計画

English

I.大学拡充計画の推進II.入試情報の提供強化III.教育内容の充実IV.学生支援の強化V.教員の人材確保VI.研究機能の充実VII.同窓会・生涯学習の支援VIII.地域・産官学連携の推進IX.国際交流の推進X.組織マネジメント改革(SDを含む)

X. 組織マネジメント改革(SDを含む)

長期目標(2010-2020年度)

【基本目標】
大学の目標を達成するために、常に変化する環境のなかで組織体制や運営のしくみを点検・改善し、自ら組織改革ができ、透明性が確保された組織マネジメントを実現する。

【目標項目】

  1. 教職員が目標を共有し協働で達成できる組織にする。
  2. 社会的説明責任を果たし社会的信頼を維持できる大学組織にする。
  3. 目標達成のため情報を共有し権限・責任の所在を明確化したハイブリッド型組織にする。
  4. PDCAを組織的に展開し環境の変化に柔軟に対応できる戦略的機動力をもった組織とする。
中期目標(2014-2017年度)
  1. 大学ガバナンス体制の強化
  2. 管理部門と教学部門の連携強化及び恒常的なPDCA実施体制の確立
  3. 業務執行体制の強化
  4. 教職員の人権及び個人情報保護に関する体制の整備
中期計画(2014-2017年度)

大学ガバナンス体制の強化

  1. 学長がリーダーシップを発揮できる業務執行体制を構築する。
  2. 副学長の目標管理と業績評価を導入する。
  3. IRの充実を図る。
  4. ガバナンスが有効に機能した危機管理体制の強化を図る。

管理部門と教学部門の連携強化及び恒常的なPDCA実施体制の確立

  1. 大学の目標と情報の共有を図るために、関連規程の整備とIT化を推進する。
  2. 教育・研究支援のための事務局組織のあり方を検討する。
  3. 自己点検・評価を実施する。

業務執行体制の強化

  1. 職員の質・能力向上のためのSD研修や組織の活性化について継続的に検討する。
  2. 大学教育のグローバル化に対応できるグローバル人材の育成

教職員の人権及び個人情報保護に関する体制の整備

  1. 教職員の人権及びハラスメントに関する体制を充実する。
  2. 個人情報保護の体制を充実する。

このページの先頭へ戻る