スマートフォンサイトを見る

大学概要

教員紹介

丸田 秋男写真

社会福祉学部/社会福祉学科

丸田 秋男
Akio Maruta
地域・産官学連携担当副学長/社会福祉学部長/教授

プロフィール

担当科目スクールソーシャルワーク論、社会福祉専門ゼミ
専門分野地域福祉政策、社会保障政策、児童家庭福祉、学校ソーシャルワーク
学位・称号/取得機関/取得年修士(地域政策学)/高崎経済大学/2002年
資格社会福祉士
最終出身校新潟大学大学院現代社会文化研究科博士課程満期退学
過去の経歴新潟県長岡地域福祉センター次長、新潟県福祉保健部障害福祉課参事を経て現職
所属団体・学会等日本地域政策学会副会長、日本子ども家庭福祉学会、日本ケアマネジメント学会、日本社会福祉学会、日本地域福祉学会、日本学校ソーシャルワーク学会、日本福祉教育・ボランティア学習学会 等

業績等

研究領域自治体における地域福祉政策の検証、児童相談所におけるソーシャルワーク機能の検証、学校におけるソーシャルワーク機能の導入に関する検討等についての実践的研究
研究紹介現代社会が抱える福祉諸問題に対する地域福祉政策の課題を明らかにし、社会福祉を支える基盤(行政組織、社会福祉施設、民間活動主体、学校、地域社会等)におけるソーシャルワーク機能の有効性等に関する研究に取り組んでいます。また、わたしたちは「どのような福祉社会を目指すか」との問題意識に基づいて、地域コミュニティの形成過程や地域住民のボランタリズム等についても関心を深めています。
著書(共著)『保健社会学~理論と現実~』(垣内出版)、(共著)『児童相談事例集』(日本児童福祉協会)、(共著)『保健・医療・福祉の研究・教育・実践』東信堂、(共著)『社会福祉の可能性』(相川書房)、(共著)『園田保健社会学の形成と展開』(東信堂)、(共著)『ソーシャル・ケース・ワークとは何か~今、リッチモンドを読み解く~』(アサヒ印刷クリエイティブ)
受賞歴平成23年度「大学発佐渡夢プロジェクト」優秀賞
研究論文新潟県における児童虐待の現状と課題(2001.新潟医療福祉学会誌1(1))、市町村虐待防止ネットワーク実践の枠組みの検討(2003.新潟医療福祉学会誌3(2))、学校におけるソーシャルワーク実践に関する一考察~学校を拠点とした相談・支援システムの検討~(2005.新潟医療福祉学会誌4(2))、放課後児童クラブにおける子どもの実態と新たな課題(2005.現代社会文化研究(33))、東日本大震災における新潟医療福祉大学学生によるボランティア活動の実際と今後の課題(2011新潟医療福祉学会誌11(2)) 他
研究業績〈平成19年度〉新潟県「知の財産」活用事業「総合的な地域見守りネットワーク体制等の構築に関する調査研究(主任研究者)〈平成21年度〉新潟県大学「地域貢献機能」支援事業「大学の地域貢献機能-大学と地域との連携のあり方に関する調査研究」(主任研究者)〈平成22年度〉新潟水俣病関連情報発信事業「新潟水俣病の現地実習と新潟水俣病患者との交流プログラム」(共同担当者) 〈平成23年度〉新潟水俣病関連情報発信事業「学生(QOLサポーター)による総合的な新潟水俣病患者支援プログラム推進事業」(共同担当者)、新潟市大学連携研究事業「コミュニティ協議会に対する市の支援策についての調査研究事業」(主任研究者) 〈平成24年度〉新潟水俣病関連情報発信事業「総合的な新潟水俣病患者支援プログラム推進事業」(共同担当者)、介護予防等在宅支援研究事業(共同研究者)、佐渡市「域学連携」地域づくり実証研究事業(主任研究者)、新潟市大学連携研究事業「コミュニティ協議会に対する市の支援策についての調査研究事業」(主任研究者)〈平成25年度〉新潟水俣病関連情報発信事業「総合的な新潟水俣病患者支援プログラム推進事業」(共同担当者)、新潟市・介護予防等在宅支援研究事業(共同研究者)、佐渡市「域学連携」地域づくり実証研究事業(主任研究者)〈平成26年度〉新潟水俣病関連情報発信事業「総合的な新潟水俣病患者支援プログラム推進事業」(共同担当者)、新潟市「介護予防等在宅支援研究事業」(共同研究者)、佐渡市「域学連携」地域づくり実証研究事業(主任研究者)、新潟市「自立した市民文化づくり」実証研究事業(主任研究者)、新潟県社会福祉協議会「多様な主体による「新たな支え合いモデル」の構築に関する実証的研究事業」(主任研究者)〈平成27年度〉新潟水俣病関連情報発信事業「総合的な新潟水俣病患者支援プログラム推進事業」(共同担当者)、新潟市「介護予防等在宅支援研究事業」(共同研究者)、佐渡市「域学連携」地域づくり実証研究事業(主任研究者)、新潟県社会福祉協議会「多様な主体による「新たな支え合いモデル」の構築に関する実証的研究事業」(主任研究者)
教育に関する活動教育活動に地域を基盤にしたネットワーキングやソーシャルワーク実践、ボランティア活動等による地域貢献を通して、ソーシャルワーク専門職を目指す学生の力量形成を図っている。 最近では、新潟水俣病情報発信事業や佐渡市「域学連携」地域づくり実証研究事業等をとおして学生の地域での実践的な学びを学部のプロフェッション教育に還元する取り組みを積極的に推進している。
社会的活動新潟県生涯学習審議会長、新潟県自立支援協議会長、新潟県第三者評価事業推進委員会委員長、新潟県水俣病施策審議会委員長、新潟市社会福祉審議会委員長、新潟市地域医療推進会議委員等を務めるほか、県内の自治体において行政計画の策定・推進・評価等に幅広く関わっている。また、現役のソーシャルワーク専門職あるいは学校カウンセラーとして相談業務に携わるとともに、社会福祉の行政組織の職員をはじめ社会福祉施設職員、民生委員・児童委員、ボランティア等の人材育成にあたっている。

このページの先頭へ戻る