特待生制度

最大440万円が免除に!

「特待生制度」で入学後の経済的負担を大幅に軽減することができます。

特待生制度の対象試験区分

特待生制度のポイント

最大で4年間の授業料を全額免除!

「新潟医療福祉大学特待生制度」は最大で4年間の授業料が全額免除となる【A特待生】と、1年次の授業料が全額免除となる【B特待生】の2つの特待生区分を設けています特待生は、「一般入試(前期日程)」および【AO・推薦等合格者対象特待生選抜試験】の受験者に共通で課される科目試験の得点上位60名程度を対象に選抜します。
いずれの試験区分も平成30年2月5日(月)・6日(火)に試験を実施するため、どちらかの試験日のみの受験はもちろん、2日間の両日受験も可能ですなお、2日間の試験日を両日受験する場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜するため、特待生採用のチャンスがさらに広がります。

得点上位50名程度を特待生として選抜!

特待生は、【一般入試(前期日程)】および【AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験】の受験者に共通で課される科目試験※1 の得点上位50名程度を対象に選抜します。解答方式は、全問マークシート方式です。

「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」で、AO入試や推薦入試の合格者にも特待生採用のチャンス!

「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」とは、AO入試・推薦入試※2・社会人等特別入試に合格し入学手続を完了した「入学予定者」が、入学の権利を保持したまま「新潟医療福祉大学 特待生制度」にチャレンジできる試験です。
※一般入試(前期日程)の受験者は、試験会場を問わず自動的に特待生選抜の対象となりますので、「AO・推薦等合格者対象 特待生選抜試験」に出願する必要はありません。
試験日を2日間実施し、どちらかの試験日のみの受験はもちろん、2日間受験も可能です。2日間受験の場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜するため、特待生採用のチャンスがさらに広がります。

国公立大学や他の私立大学との併願が可能!

一般入試(前期日程)は、国公立大学や他の私立大学との併願が可能です。本学を第一志望とする方はもちろん、併願校として出願予定の方も積極的にチャレンジし、特待生採用を目指しましょう!

※1 英語+国語総合(古文・漢文除く)+選択科目(「数学I・数学A」「物理基礎・化学基礎」「物理基礎・生物基礎」「化学基礎・生物基礎」「物理」「化学」「生物」「世界史B」「日本史B」「地理B」から1科目選択[※理学療法学科・臨床技術学科は「世界史B」「日本史B」「地理B」を除く])

※2 公募推薦入試(前期日程・後期日程)・特別推薦入試・指定校推薦入試・スポーツ推薦入試(前期日程・後期日程)

特待生採用までのステップ

特待生採用までのステップ

*1) AO入試・指定校推薦入試・公募推薦入試(前期日程・後期日程)・スポーツ推薦入試(前期日程・後期日程)・特別推薦入試・社会人等特別入試に合格し、入学手続を完了した「入学予定者」

*2) 2年次以降の継続には、本学が定める審査を通過することを条件とします。

*3) 入学金、施設設備金、実験実習料を除きます。

特待生制度の受験料免除額一覧(学科別)

特待生制度の受験料免除額一覧(学科別)

特待生制度の概要につきましては、【平成30年度 入試ガイド】をご覧ください。また、出願の際は必ず7月発行予定の【平成30年度 学生募集要項】にて詳細をご確認のうえご出願ください。