在学生メッセージ

一覧へ戻る

本澤 優太

栃木県理学療法学科4年本澤 優太Yuta Honzawa

私が新潟医療福祉大学を選んだ理由は、他職種連携が充実していることです。本大学は、連携基礎ゼミなどを通して他学科と接する機会もあり、医療職間の連携という面で優れていると思います。近年、他職種間連携の重要性が叫ばれています。3年時の評価実習を行う中で、理学療法士の先生だけでなく、看護師、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーなどの先生方と接する機会も多く、様々な職種の方々が1人の患者さまに関わっていることを学びました。実際の病院での他職種間で連携する姿を目にし、本大学が目指している他職種連携の大切さを改めて感じることができました。その際、連携基礎ゼミでの経験が非常に役に立ちました。本大学に入学することで理学療法士になるだけでなく、就職した際に役立つ力も身につけることができると感じています。


Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと? その理由は?

「繋がり」です。
他職種とのつながりや友達とのつながり、将来的な患者さんとのつながりなどたくさんの人とのつながりを生むことができる大学だと思います。

Q将来の目標や夢を教えてください。

患者様に「ありがとう」と言ってもらえるような理学療法士になることです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

学校全体の雰囲気を知る良い機会だと思います。どんな学科やサークルがあるのか知ることができると思います。また、学食がおいしいのでぜひ食べてみてください!!

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

公募推薦で入学しました。試験内容は小論文と面接でした。小論文は高校時代の現代文の先生に指導していただきました。医療関係のニュースなどを、日々意識して見ておくとよいかと思います。

Q所属学科や大学全体の「ここがスゴイ!」について具体的に教えてください!

理学療法学科の松本先生の講義がとても為になっています!!
私は、現在、松本ゼミに所属していますが、先生は「呼吸リハビリテーション」のプロフェッショナルで日々たくさんのことを学ばせていただいてます。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。