在学生メッセージ

一覧へ戻る

堀口 晃平

東京都理学療法学科4年堀口 晃平Kohei Horiguchi

私が新潟医療福祉大学を選んだ理由は、理学療法士を目指しながら、本気で硬式野球ができる環境があったからです。高校時代、甲子園出場を目指し、日々野球に打ち込んでいましたが、甲子園出場の夢は叶いませんでした。不完全燃焼で高校野球を終えたため、大学で野球をと考えましたが、理学療法士になる夢との両立ができる大学が見つからず、一度は諦めました。そんな時、新潟医療福祉大学で硬式野球部を強化指定クラブとして創設するという話を聞き、「もう一度やりたい野球」と「理学療法士の勉強」のどちらも本気でできると思い、迷わず新潟医療福祉大学に行こうと決めました。


Q理学療法士を目指したきっかけを教えてください。

高校時代に通っていた接骨院の先生に、「理学療法士に向いているのでは?」と言われたことで、その職種に興味を持ちました。その後、野球の試合で怪我をしてしまい、理学療法士の方にお世話になる機会がありました。実際に治療したもらったことで、理学療法士の仕事内容への理解が深まり、「自分もこうなりたい!」と思ったことがきっかけです。

Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

私が「野球をしながら、理学療法士を目指す!」と言ったら、それを本気で実現させようとしてくれる先生方がいたことです。理学療法士は国家資格で、簡単に取得できるものではありません。勉強とクラブを両立させることはとても大変なことですが、困ったときに親身に話を聞いてくれる先生方がいるため、とても心強いです。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと? その理由は?

「挑」です。
自分の将来に向けて「挑」戦できる環境が新潟医療福祉大学には揃っているため、「挑む」「挑戦する」といった言葉が浮かびました。硬式野球部一期生で理学療法学科に在籍しているのは私一人ですので、野球を4年間続けしっかり結果を残し、かつ、理学療法士になることで、私に協力して頂いた方々に恩返ししたいと思います。また、後輩にも「やればできる!」ということを伝えたいです。

Q新潟で生活してみて感じた新潟の魅力や好きなところを教えてください。

夏は海で海水浴やバーベキューができ、冬は山でスノーボードと自然の中で遊べることです。そのほか、晴れた日に見える綺麗な山々の景色が好きです。都心と違い、時間がのんびり流れている感じも、最近気に入っています。

Q部活動・サークル活動について教えてください!

硬式野球部の一期生として、部員全員で、野球部の土台を日々築いています。
創設されてまだ3年目ですが、野球が大好きで高いレベルで野球がしたいという選手が数多くいるため、部員全員が一つの目標に向かうことができています。高校時代とは違い、全体練習は3時間程度と短いため、残り時間は自主練習や勉強の時間など自由に使うことができ、野球と勉強の両立を図かることができます。まだまだ実力や知名度はない野球部ですが、一から自分たちの手で野球部の歴史を作っていくことは、本当にやりがいがあり、一日一日がとても充実しています。

Q初めて一人暮らしをしてみての感想を聞かせてください。

慣れるまでは大変でしたが、今はすごく充実しています。一人ですので、すべてが自由で過ごしやすい分、自覚や責任も必要となってきます。そのことを日々意識することで、内面的に成長できていると思います。
また、これまでは実家で、帰宅したら夕食が用意され、お風呂は準備され、洗濯物は綺麗になって置いてあり、当時はそれが当たり前だったのですが、今では親のありがたみを痛感しています。

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

私は、「公募推薦入試」と「特別推薦入試」の両方を併願で受けました。試験は、数学と生物の筆記と小論文、面接を受けました。私は試験前日に一人で東京から新潟に来てホテルに泊まって翌日に試験を受けましたが、試験を受けることよりも、当日寝坊しないかという心配の方が大きかったです。勉強も大切ですが、試験一週間前ぐらいからは、規則正しい生活習慣を身につける必要があると思います。そのほか、当日は、試験会場にいるどの受験生よりも、「自分が一番できるんだ」という根拠のない自信を持って臨めば、緊張がほぐれて良い状態で試験を受けることができると思います。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。