在学生メッセージ

一覧へ戻る

茨木 杏

福島県社会福祉学科2年茨木 杏Anzu Ibaraki

本学科を選んだのは、オープンキャンパスへ参加した時に先輩たちや先生方の雰囲気の良さを実感したからです。私も入学後は、たくさんの友人と出会い、切磋琢磨しながら同じ目標に向かって頑張っています!また、ボランティア活動や地域貢献活動が盛んなことも本学科の魅力の一つです。私も地域の子ども祭りの運営ボランティアに参加しています。将来は地元福島の地域福祉に貢献できる社会福祉士になりたいです。


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

近所にある救護園のボランティアに参加した際、高齢者や障害を持つ人たちに出会い、福祉というものに興味を持ちました。そこから社会福祉士という職があることを知り、私も高齢者や障害者を支えることができたらと思い、社会福祉士を目指すことを決めました。

Q本学に入学を決めた理由、本学科を選んだ理由を教えてください。

この学校を選んだ理由は、高い就職率や国家試験合格率です。また、この学校では社会福祉士の国家資格のほかに、精神保健福祉士や介護福祉士の資格も取得にも対応しているというところにとても魅力を感じたからです。

Q他大学や専門学校、短大などと進路で迷っていた経験がある方は、何が決め手となって本学・本学科への進学を決意したのかを教えてください。

多くの大学のオープンキャンパスに参加しましたが、この大学の社会福祉学科の穏やかな雰囲気と、学生と教員との雰囲気の良さに魅力を感じたからです。また、図書館の資料の豊富さにも魅力を感じました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「家族関係論」
現代の家族に関する介護や虐待の問題などについて学びます。漫画を用いて講義が行われるので、楽しく、集中して学ぶことができます。

Q先生・家族・友人からもらった「夢を目指すキッカケとなった言葉」「私の背中を押してくれた言葉など、あなたにとって大切な『一言』と、その時のエピソードなどを教えてください。

「失敗してもいいから、自分がここだと思った道に行きなさい」
社会福祉士を目指すと決めたあと、大学を決める際に、「本当に自分にできるだろうか?」と不安になった時に、母から言われた言葉です。決断しきれなかった私が今この大学を受けようと思えたのは、母のこの言葉のおかげだと思います。

Q本学に入学して、あらためて良かったと実感することは何ですか?

同じ目標を持ち、お互い切磋琢磨しあえるような友人たちに出会えたことです。日頃から悩みを相談しあえ、他県から来て不安だった私には、この友人たちの存在はとても大きいものになりました。また、私はとても人見知りだったので、優しく声をかけてきてくれるような友人たちに出会えて本当に良かったと思っています。

Q将来の目標や夢を教えてください。

将来は地元に戻って、高齢者に関わる職に就きたいと考えています。私の家にも祖父母がいて、近所にも高齢者が多くいます。小さなころから高齢者に関わる機会が多かったので、この学校で専門の知識を学び、少しでも地域の高齢者の支えになれるような社会福祉士になれればと思います。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

中々進路が決まらなかった私は、オープンキャンパスで運命の大学に出会えました。実際にその大学の雰囲気を味わうことは大切なことだと思います。私はオープンキャンパスで、模擬講義を受けました。普段どのような形式で講義が行われるのかが体験できるので、行ってみるのもいいと思います。

Q先輩として、今の高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

まだ将来の夢が漠然としていて不安な人もいると思いますが、私もこの大学のこの学科に入って、将来のなりたい自分の方向性が見えてきました。成功するか失敗するかはその人次第ですが、不安に思うばかりではなく、まずは動いてみることが大切だと思います。私はこの大学のこの学科に入って本当に良かったと思っています。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。