在学生メッセージ

一覧へ戻る

金子 晋也

群馬県視機能科学科3年金子 晋也Shinya Kaneko

私は、学校選びをしていく中で「充実した実習環境」で学びたいと強く思うようになりました。なぜなら、視能訓練士の仕事は子どもから高齢者までの「眼の健康管理」を行うため、幅広い知識と高い技術が求められるからです。充実した実習環境で学ぶことで、実践的な高いスキルが身につくと考え、新潟医療福祉大学を志望しました。本学には「各種検査」「視能矯正・訓練」「リハビリ」に対応した素晴らしい環境がありますので、その環境を活用しながら、幅広い世代の方々に必要とされる視能訓練士になりたいと思います。


Q視能訓練士を目指したきっかけ、魅力を教えて下さい。

私は中学生の時、野球部に所属していました。練習中に左目にボールが当たり、急いで眼科に行きました。その時、優しく丁寧に処置していただいた方が、視能訓練士の方で「自分もやってみたい!」と思ったのがきっかけです。

Q新潟医療福祉大学の視機能科学科に入学を決めた理由は何ですか?

眼の検査・リハビリ・訓練などの視能訓練士として必要な技術的スキルを身につける施設・設備が整っています。また、一期生として視機能学科の歴史を創っていくというやりがいもあり、新潟医療福祉大学で入学することを決意しました。

Q将来の目標や夢を教えて下さい。

外界の情報の9割が視覚からと言われています。つまり、「眼」は人間にとって一生大切なものと言えます。私は視能訓練士になることで、子どもから高齢者までの眼の健康管理を行っていきたいと考えています。子どもであれば、弱視や斜視がありますし、高齢者であれば、白内障や緑内障などの問題があります。この4年間で知識と技術を十分身につけ、一人でも多くの方々の「眼」を守っていきたいと考えています。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

実際に目でみて、肌で感じることが大切だと思います。オープンキャンパスで、実際に学ぶ教室や教えて下さる先生方、色々とアドバイスいただくことになる先輩方にお会いすることで、「自分はこの大学で頑張るんだ!」とモチベーションが上がります。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。