在学生メッセージ

一覧へ戻る

松沢 咲輝

神奈川県義肢装具自立支援学科4年松沢 咲輝Saki Matsuzawa

私は、義肢装具士が“ものづくり”を通して患者様をサポートする医療系専門職であることに興味を持ち、目指すことを決めました。本学科では、実際に切断者モデルの方を招いて行われる実習があるなど、実践力を高めることができます。モデルの方に合わせた義足を一から作り、完成させたときは大きな達成感がありますよ! また、試験前にみんなで勉強会をするなどチームワークも最高!! 楽しく勉強できる環境がココにはあります。


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

ものをつくる事が好きだったのと、医療職にも興味がありこの義肢装具士は数少ない「つくる医療職」だと聞き、素敵だと思い決めました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「義肢実習Ⅱ(下腿義足)」
モデルさんに協力していただき実際に1から義足をつくり、歩行までしていただいます。初めての対モデルさんでとても緊張しますが、全て自分でつくる楽しさ、完成した時の達成感は大きくとてもたのしい科目です。

Q先生・家族・友人からもらった「夢を目指すキッカケとなった言葉」「私の背中を押してくれた言葉など、あなたにとって大切な『一言』と、その時のエピソードなどを教えてください。

「その人にとって一番必要なものをつくる仕事なんてかっこいい」
県外の大学で悩んでいた時に友達に言われた一言です。みんなが出来ることではないし凄くかっこいいと言っていただき一歩踏み出す勇気が出ました。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

私は遠方からで親や友達とは行かずに1人で参加したので緊張しましたが、先輩のから声をかけていただき、優しく質問に答えてくれました。学科のことだけでなく一人暮らしの不安点など小さいことでも質問すべきです!

Q先輩として、今の高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

高校と違い講義の日が変わったり自分で把握しなければならないことが増えるので、スケジュール管理をする癖をつけると失敗が減ると思います。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。