在学生メッセージ

一覧へ戻る

岡本 圭

秋田県視機能科学科3年岡本 圭Kei Okamoto

私は、子どもの眼の健康管理を行う視能訓練士に憧れて本学のオープンキャンパスに参加しました。そこで、最新の実習機器を体験したりチーム医療を学べることを先生に説明してもらったりして、すっかり本学科の魅力にはまっていきました。近年は、スマートフォンなどを持つ子どもが増えているので、子どもの眼にかかる負担が大きくなっています。そのため、将来は地元秋田に戻って子どもたちのサポートができる視能訓練士目指して、4年間頑張ります!


Q視能訓練士を目指したきっかけ、魅力を教えて下さい。

高齢社会の進展によるロービジョンケアへのニーズ、情報化社会の進展による子どもの眼の健康管理のニーズなど、眼を取り巻く環境の変化により、視能訓練士の必要性が高まっていると知ったことで、興味をもちました。

Q新潟医療福祉大学の視機能科学科に入学を決めた理由は何ですか?

新しい施設・設備のなかで学べることと、大学全体で高い就職実績を上げていることから、自分も頑張れば一人前の医療人になれると思い、入学を決めました

Q将来の目標や夢を教えて下さい。

地元の秋田に戻り、地元貢献したいと考えています。大学で身につけた知識や技術をベースに、子どもの弱視や斜視を早期発見し、早期治療できる視能訓練士になりたいと思います。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

漠然とイメージしていた視能訓練士の仕事から、どのようなことを学び、患者様に対してどのようなケアを施すかまで、具体的に先生方に教えていただき、大学でしっかりと学び、「様々な場で活躍のできる視能訓練士になるぞ!!」と意欲が高まりました。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。