在学生メッセージ

一覧へ戻る

岡崎 浩太

福島県臨床技術学科4年岡崎 浩太Kota Okazaki

臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンス取得を目指せることが、入学の最大の決め手でした。また、実際にダブルライセンスを取得している先生や臨床工学、臨床検査の各分野で活躍している先生から充実した指導を受けることができる点も魅力です。臨床技術者の仕事に興味を持ったら、まずは本学のオープンキャンパスに参加してみてください。最新の設備機器を見学できますし、様々な体験プログラムで先輩と交流もできますよ!


Q臨床検査技師を目指したきっかけを教えてください!

心臓の検査で幼い頃から心電図を取ってもらいに病院に行っていました。幼い頃から臨床検査技師の働く姿を見てきたことで、私も検査業務のスペシャリストになりたいと思うようになりました。その時に臨床検査技師の先生が優しく接してくれて、緊張せずに検査ができました。その時から将来医療職で働きたいと思うようになりました。高校になり進路について真剣に考えたところ、幼い頃から関わってきた臨床検査技師になろうと決めました。臨床検査技師になって多くの人の役に立ちたいと思いました。

Q新潟医療福祉大学の臨床技術学科に入学を決めた理由は何ですか?

日本で唯一の臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指すことができるからです。2つの資格を取得することにより、幅広い医療現場のニーズに対応できるからです。また学べる環境が整っており、デジタル顕微鏡が1人1台あるなど豊富な実習設備があるため本学を決める1つのポイントになりました。

Q本学科の魅力・印象に残っているエピソードを教えて下さい。

臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンス取得を目指しているため、各分野の実習設備が整っているところが魅力的です。ダブルライセンスを取得している教員や臨床検査、臨床検査の各分野で活躍している教師陣がいて充実した指導を受けられることです。印象に残っている実習は解剖学実習で豚の胎児を解剖したことです。メスとピンセットで各臓器の構造や仕組みを深く知ることができました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「解剖学」
医療の基本となる解剖学で体の中の各臓器がどんな構造でどんな働きをしているのかなどを学びます。各臓器の絵を描いて名称や働きをその絵に付け加えていました。ほかの臓器や神経の関係性などつなげて書いてみたりして、自分なりの解剖学のノートを作って試験の時はそのノートを見直して勉強しています。

Q新潟医療福祉大学に入学して良かったと思うことは何ですか?

臨床検査技師と臨床工学技士について詳しく学べるところ。様々な医療機器や1人1台あるデジタル顕微鏡など恵まれた環境で実習ができるところです。また講義で分からないところでも先生に聞きに行って分かりやすく教えてもらえるのでとてもありがたいです。また大学も綺麗で学べる環境が整っていると思いました。

Q将来の夢や目標を教えてください!

将来の夢は臨床技術者になって医療の現場で貢献できるようになりたいです。ダブルライセンスを取得して様々な医療業務をこなせる医療従事者になりたいです。また、チーム医療の一員としてしっかりと自分の意見を言って今後の医療に貢献していきたいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

私はオープンキャンパスに参加して、本学に入って学びたいと思いました。オープンキャンパスに参加することによって環境や雰囲気、具体的なイメージが浮かぶと思います。大学の先輩と交流でき、また臨床技術学科は様々な体験プログラムがあるので是非参加してみてください!

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。