在学生メッセージ

一覧へ戻る

奥山 遼

秋田県理学療法学科3年奥山 遼Okuyama Ryo

私は将来スポーツに関わる仕事がしたいという夢を持っていました。そんな中、高校1年生の時に高大連携授業という大学の授業を体験するという時間がありました。そこで本学の授業を受け、スポーツ選手をサポートする仕事について学び、パンフレットを見て理学療法士という仕事を知りました。理学療法士は病気や怪我をした方が、元の生活に近づけるよう歩行や立ち座りなどの基本的な動きの訓練を行う仕事です。他にも理学療法士はスポーツ選手が現場に復帰できるようサポートするスポーツリハビリテーションも行うことができます。私は将来、理学療法士になってスポーツ選手を支えるということが夢になりました。本学には三次元動作解析装置や床反力計、超音波画像診断装置など多くの機器が揃っており、これらを学生が利用することができます。また、アスリートサポートセンターでは強化指定クラブの選手に対し治療やメンテナンスなどを行い、より現場の雰囲気を学生時分から感じることができます。このような恵まれた環境で学習できることは、私にとって大変魅力的でした。更に、国家試験合格率は全国平均を常に上回っており、就職率も毎年100%であるという点から、本学に入学することが夢の実現への近道だと感じ、進学を希望しました。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

高大連携授業でスポーツ選手と関わる仕事について学び、理学療法士が故障者の復帰の手助けをする仕事だと知り、理学療法士になりたいと思いました。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと?その理由は?

「先」
高齢化の進行が問題視されている今、保健医療分野の人材が多く求められます。それに対して先見的な取り組みをし、更に学べる環境が最先端であるのが新潟医療福祉大学だと感じました。

Q新潟で生活してみて感じた新潟の魅力や好きなところを教えてください。

タレかつなどの新潟ならではの食べ物がとても美味しい。それだけでなく、ラーメン激戦区と言われるだけあり、美味しいラーメン店が豊富にある。

Q活動内容、活動の楽しさややりがい、活動を通じて身についたこと等について教えてください。

海外研修に参加し、アメリカで2週間、理学療法の勉強をしました。異国の地に行くことで緊張はしましたが、一緒に参加した仲間と協力し、困難を全て乗り越えることが出来ました。アメリカでの生活や現地の学生との交流はとても楽しかったし、この2週間で自分自身ステップアップしたと感じました。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや、当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

在学生とたくさん会話することをお勧めします。大学生活での楽しいことや頑張らなければならないことを直に教えてもらえます。パンフレット等には掲載されていない楽しさや魅力を感じることが出来るので、是非たくさん会話をしてたくさん情報を入手してください!!

Q新潟県外からの受験を考えている受験生の皆さんに、自分が受験した入試区分について言及し、受験のアドバイスや、心構えなど実体験を交えてメッセージをお願いします。

AO入試を受験しました。AO入試では面接やプレゼンなど自分の考えを表現することが多くありました。入学したい!!という熱意・気持ちを伝えることに注力しました。また、入試という意識を極力抑え「会話」をしているという感覚で臨む事ができたため、過度に緊張すること無く面接することができました。

Q所属学科や大学全体の「ここがスゴイ!(好き/自慢)」について具体的に教えてください!

先生方がすごい方ばかりです!!解剖・中枢神経系・循環・スポーツなど様々な分野の第一人者ばかりで、そんな先生方から学ぶことができる環境は、本当に恵まれていると実感しています。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。