在学生メッセージ

一覧へ戻る

大竹 高弘

福島県社会福祉学科3年大竹 高弘Takahiro Otake

本学科の魅力は、福祉系国家資格のダブルライセンス取得が目指せることです。社会福祉士の国家資格に加え、精神保健福祉士や介護福祉士の国家資格が取得できるので、福祉の幅広いニーズに対応できる専門職者を目指すことができます。また、各専門領域のエキスパートである先生方からの国家試験対策や就職に向けたサポートも万全なので、全国トップクラスの就職率も納得^v^ 私も充実した学習環境の中で学び、ダブルライセンス取得を目指しています!


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

カリキュラムによって、社会福祉士、介護福祉士のダブルライセンス取得ができるという点に魅力を感じました。複数の国家資格を目指し取得することで、知識が深まり、ただ資格を名乗るだけではなくて、将来的に仕事に活かすことができると考えました。また、全国でもトップクラスの高い就職内定率にも着目し、本学科を選びました。

Q他大学や専門学校、短大などと進路で迷っていた経験がある方は、何が決め手となって本学・本学科への進学を決意したのかを教えてください。

何といっても、国家資格のダブルライセンス取得が大きな決め手となりました。カリキュラムによっては、社会福祉士に加え介護福祉士、あるいは精神保健福祉士の取得を目指すことができます。社会福祉という幅広い分野の知識に加え、専門性を高めることで、福祉的ニーズを求める人々への質の高い支援が可能になると考えました。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「相談援助論」
極めて広範囲で様々な現代の福祉的ニーズに対応するための力が身につきます。倫理的なジレンマに対する自分なりの価値観を育てて、自分なりの“答え”を見出すことができると思います。ただ教科書を読み解くだけでなく、周りの人たちとのグループワークにより、考えを共有することで、自分とは違った視点から物事を考えることができるようになりました。

Q本学に入学して、あらためて良かったと実感することは何ですか?

質の良い授業を受けることができる点です。どの科目においても、教えてくださるのはその科目に長けているエキスパートな先生方です。先生方は、ただ教えてくれるのではなく、以前(または現在)実際に務めていたときに起こったことや感じたことを話してくださり、知識だけでなく経験を聞くことができるため、非常に理解が深まります。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、オープンキャンパスに参加する大切さや当日見ておくべきポイント、楽しさなど、実体験を交えてメッセージをお願いします。

インターネットや資料と違い、自分自身で見て、聞いて、感じることができるので、キャンパスに来ること自体に大きな意味があると思います。目当ての学科でのイベントがあれば、積極的に参加したほうが良いです。迎えてくれる生徒、先生方は親切で優しく接してくださいます。迷っているなら、一度来るべきです。自分の中での迷いが消えることでしょう。

Q先輩として、今の高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

今しかない高校生活を、悔いが無いように楽しんでください。将来のことを考えるのも大切ですが、それによって今現在を疎かにしないでください。未来も大切ですが、それ以上に大切なのは今です。大学に来て立ち止まってしまった時に、中学・高校時代の想い出が必ず後ろから支えてくれます。そして、大学で新たにできた友人たちが隣で一緒にいてくれます。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。