在学生メッセージ

一覧へ戻る

斉藤 力

福島県理学療法学科3年斉藤 力Chikara Saito

私が本学に入学を決めた理由は、国家試験の合格率が全国トップクラスであることや、他学科と連携し、「チーム医療」について実践的に学ぶことができることに魅力を感じたからです。また、オープンキャンパスでは先輩方が親切に様々な医療機器や大学生活について教えてくださり、大学選択の大きな決め手となりました。私も先輩方のように意欲的に学び、自分の理想とする理学療法士に少しでも近づけるよう努力したいと思っています。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

私が理学療法士を目指したきっかけは、幼少期に複雑骨折をし、リハビリを経験したことです。リハビリはとてもつらく大変でしたが、理学療法士の方が私を励ましてくださったおかげで、全く動かせなかった腕が動かせるようになり、大きな感動を覚えました。また、祖父の死もきっかけの1つです。私の祖父は糖尿病により心筋梗塞を患い、他界しました。後に、運動療法により予防・改善が可能だったと知り、何もできなかった自分を恥じました。このことから、将来、理学療法士になり、祖父のように病気で苦しむ人達のQOLに寄与したいと決意しました。

Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

本学の先生方は世界の第一線で活躍するような方ばかりで、国家試験に合格させる為だけでなく、将来の臨床の現場でも使えるような知識や技術を教えてくださり、とても貴重な経験ができています。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと? その理由は?

「成長」
本学では、充実した環境の元で学生生活を送ることで多くの「成長」を感じ取れる機会があります。また、本学では毎年のように新しい施設ができるなど、大学自体も「成長」しています。

Q将来の目標や夢を教えてください。

対象者の方が辛い思いをすることなく、リハビリを楽しいと思ってもらえるような理学療法士になりたいと思っています。そのためにも、ボランティア活動などにも積極的に参加し、幅広い年代の方とのコミュニケーションを大切にし、対象者の方の気持ちを理解できるよう心がけたいと思っています。

Qアルバイトについて教えてください。

スイミングスクールで週1~2回、アルバイトしています。子供から高齢者の方まで、幅広い年代の方々とコミュニケーションをとることが出来ます。また、どのようにしたら子供が泳ぎを覚えられるか、いい記録が出せるかということを実践的に学ぶことができ、理学療法を学ぶ上でも大いに役立っています。

Q部活動・サークル活動について教えてください。

VICON部に所属しています。
三次元動作分析装置(VICON)を用いて、立ち上がり動作や歩行といった動作を解析する活動をしています。普段は卒業研究などでしか用いることのできないVICONを1年生の内から使うことができ、実践的な知識を身に付けることが出来ます。

Q初めて一人暮らしをしてみての感想を聞かせてください。

今まで家事のほとんどを親に任せていたこともあり、毎日の家事がいかに大変なのかを実感し、親のありがたみを感じました。最初は毎日のようにファストフードを食べ、洗濯の乾燥はコインランドリーで済ますといった生活を送っていましたが、次第に学生生活にも慣れ、料理や洗濯も自分でこなせるようになりました。

Qボランティア活動について教えて下さい。

「ほほえみ会」という手話サークル活動をおこなっています。新潟市中央区の総合福祉会館で、ろう者と健常者が手話を通して交流するサークルです。普段関わることの出来ない、聴覚に障がいのある方達と関わることができ、大学生活にはない貴重な経験が出来ます。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

オープンキャンパスでは、様々な医療機器を実際に使った体験プログラムや、個別相談コーナーで先生や先輩と直接話を聞くことが出来るなど、パンフレットを読んだだけでは分からない多くのことを感じ取ることが出来ます。もし、少しでも本学に興味が湧いているなら、是非オープンキャンパス参加してみてください。

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

私はAO入試で合格しました。提出書類を何度も先生に添削してもらい、面接やプレゼンテーションも何度も練習しました。AO入試では自己アピールが非常に重要ですので、たくさん練習して試験に臨んでください。

Q所属学科や大学全体の「ここがスゴイ!」について具体的に教えてください!

本学は世界の第一線で活躍している先生方ばかりで、学ぶには最高な先生方がそろっています。また、先生どうしがお互いを尊敬しあっているところも、私自身素晴らしいと感じているところです。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。