在学生メッセージ

一覧へ戻る

瀬戸 美咲

神奈川県理学療法学科4年瀬戸 美咲Misaki Seto

私は小学1年生から高校3年生までの12年間水泳を続けてきました。大学でも勉強をしながら水泳と関わっていきたいという気持ちがありました。目標である理学療法士の資格取得と大好きな水泳に打ち込める大学を探していたところ、新潟医療福祉大学に出会いました。水泳部の説明会に参加させてもらった時、週1回、理学療法士の先生が来てくださっていることを知り、理学療法士の仕事を実践的に学ぶことができると思い、ぜひ入学して勉学とクラブ活動の両立を図りたいと思い、新潟医療福祉大学を選びました。


Q理学療法士を目指したきっかけを教えてください。

理学療法士を目指すきっかけは2つあります。
1つめは水泳です。水泳を続けているうえで、怪我をしてしまう選手を多くみました。選手のケアをするだけではなく、怪我を予防するサポートをしたいと思うようになりました。
2つめは自分の祖父です。現在、祖父の介護は母親が行っているのですが、自分が何も手伝えないことが悔しいと思ったからです。週に1回理学療法士の先生が自宅にきてリハビリを行っているので、私も祖父の力になりたいと思ったからです。

Q新潟医療福祉大学へ入学した理由を教えて下さい。

主に2つの理由があります。
1つめは、将来スポーツ現場で働きたいと思っていますので、理学療法学科があり水泳部がある新潟医療福祉大学へ入学したいと思いました。水泳部には理学療法士の先生もきているので実践的な勉強もできると感じたからです。
2つめは学習支援センターがあったからです。私は高校の時文系クラスで理系の勉強には不安があったのですが、このような場所があることを知り、安心して大学生活を送れると思いました。

Q新潟医療福祉大学を一文字or一言で表すと? その理由は?

「目標」
大学で専門的な勉強をすることで改めて理学療法士について学ぶことができました。
勉強などで大変なこともありますが、勉強を積んでいくことで自分が目指す理学療法士の像がはっきりしました。
理学療法士という同じ目標をもつ仲間とともに目標に向かって頑張っていきたいと思います。

Q部活動・サークル活動について教えてください!

水泳部です。
高校までは選手として、大学ではサポーターとして活動しています。立場が違うからこそ気づかされることが多く、改めて水泳の奥深さや楽しさに気付きました。臨機応変な対応力と先々のことを考えることを学んでいます。
マネージャーとは違いサポーターは週に2回以上の参加なので、勉強をする日と部活動に参加する日とメリハリをつけて参加しています。

Q初めて一人暮らしをしてみての感想を聞かせてください。

実家にいたときは親がいた安心感からか寝坊をしてしまうこともあったのですが、一人暮らしをしてからは朝寝坊が減りました。また、料理をあまりしてこなかったのですが、一人暮らしをしてからはだいぶ身に付きました。友達と一緒に料理をすることも楽しいです。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けてメッセージをお願いします。

どんな勉強をしているのかみておくといいです。
また、先生や先輩とお話をしることで自分の目標がはっきりできたので相談ブースなどを活用するといいと思います。

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

公募推薦で合格しました。試験方法は小論文と面接でした。
小論文は高校でも練習していると思うので問題ないと思います。
面接ではチーム医療のこと、自分が○○だったら何をするかなどを聞かれました。
理学療法士以外の職のことも知っていた方がいいと思います。また、自分の意見をいえることが大切なのでどんな質問でも堂々と言うことができればいいと思います。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。