在学生メッセージ

一覧へ戻る

須田 夏美

群馬県看護学科4年須田 夏美Natsumi Suda

本学は11学科あり、それぞれ目指す職種は異なっても、医療福祉を学ぶという同じ目的を持つ学生と交流することができることで医療についての視野が広がること、そして、「チーム医療」についてより深く学ぶことができることができること、さらに、国際交流が盛んであることから、国を超えて医療について学ぶことができます。また、看護学科では、看護師の他、保健師、助産師、養護教諭の資格の取得に向けてのカリキュラムが組まれており、将来の道を広げることができ、資格取得や大学生活についてなどのサポートが充実しています。
自分が自分らしく大学生活を送ることができ、自分の持つ可能性を最大限に発揮できるため、自分のQOLの向上にもつながると思い、本学を選びました。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

自分の将来を考えたときに、人と関わることができ、人を笑顔にできる仕事がしたいと思ったことがきっかけです。また、母が看護師をしていることもあり、幼い頃、母に付いて病院へ行った際、母が働いている姿を見て、看護師の魅力を知り、看護を学ぶことを決めました。

Q新潟医療福祉大学へ入学した理由を教えて下さい。

カリキュラムが充実しており、資格の取得に向けてのサポートが充実していることや11学科という多くの学科があり、医療福祉について学ぶという同じ目的を持った学生と交流できる機会が多くあること、国際交流が盛んなため、国を超えて医療を学ぶことができることなど、より深く医療について学ぶことができ、また、将来に向けて自分を向上させることができると思い、入学を決めました。

Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

「人間関係」です。
大学の学生や教員の方々は親切で、少しのことでも気遣ってくれます。そして、いつでも相談できる雰囲気、環境が整っているため、安心して大学生活を送れます。

Q将来の目標や夢を教えてください。

温かみがあり、信頼してもらえる看護師または助産師になり、関わった人を笑顔にすることです。
全人的なケアを目指し、患者が患者らしく安心して生活できる看護を提供し、社会に貢献していきたいです。

Q新潟で生活してみて感じた新潟の魅力や好きなところを教えてください。

新潟県は四季を感じることができるところです。
春は暖かく桜を見ることができ、夏はすぐに海へ行くことができ、秋は紅葉を見ることができ、冬は雪をみることができるため、四季を実感できます。

Qアルバイトについて教えてください。

週一回(休日のみ)、学童保育のアルバイトをしています。
アルバイト代は、自分の娯楽に使用しています。
アルバイトは、週一回のみなので、勉強が後回しになることはなく、勉強の息抜きになっています。また、児童と触れ合うので、児童の手本にならなければいけないため、マナ―や常識について見直すことができます。

Q部活動・サークル活動について教えてください。

ハンドボール部に所属しています。
活動を通して、他学科の学生と交流ができ、それぞれ学んでいることを共有できるため、違う視点から医療や福祉について考える機会になりました。また、身体を動かすことにより、人間関係も広がり、コミュニケーション力を身に付けることもでき、より充実した大学生活を送ることができます。
勉強が忙しい時には、部員に相談し、参加できる時間まで参加することや休むことも可能なため、勉強と両立できます。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

オープンキャンパスに参加することによって、大学やその周囲の環境や大学の雰囲気、希望学科の施設をよく見ておくと良いと思います。また、オープンキャンパスでは、学科ごとに様々な取り組みがなされており、希望学科以外も見て回ることもお勧めします! 学生や教員と話す機会もあり、大学生活について気軽に聞くことができるため、ぜひ、オープンキャンパス参加し、大学生活の良さを自分の目で確かめてください!

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

センター試験利用入試と一般入試を受験しました。
大学ではなく、自分の住んでいる県で受験できたので、安心して試験に臨むことができました。
入試情報について大学のホームページを見て、在学生のメッセージを参考にしたり、入試問題集を請求したりして、試験対策をしました。ホームページなどで大学の良さを知っておくと、前向きに頑張れると思います。

Q所属学科や大学全体の「ここがスゴイ!」について具体的に教えてください!

看護学科では、講義を受けるだけでなく、演習を通して、先生の手本を見ることや、シミュレーション装置を使うことによって、自分の目や耳で確かめることができます。また、学生同士で看護師役と患者役になり、技術練習を行うことで、お互いに感じたことを共有でき、技術の向上につながる環境が整っています。

一覧へ戻る

関東地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。