在学生メッセージ

一覧へ戻る

但木 雅幸

北海道理学療法学科2年但木 雅幸Masayuki Tadaki

親もとを離れ厳しい環境に身を置き自分を成長させたいという気持ちもあり、北海道外の大学を探していました。リハビリのサポートをする仕事に就きたいと調べているなかで、新潟医療福祉大学を知りました。
新潟医療福祉大学は全国でもトップクラスに入る就職率や、充実した設備環境、また経験豊富な先生がいるということを知り、この大学なら高い技術を学べるのではないかと思いました。本学ではスポーツとの関係も深く、また、自分自身サッカーをしていたこともあり、スポーツ選手を支える「スポーツリハビリ」をしっかり学ぶことができる本学は、最適な環境でした。また、ホームページなどに海外研修に参加することができるとあり、海外研修に興味のあった私は、この大学なら自分のやりたいことができると考え、この大学を選びました。


Q在籍学科や目指す資格、学ぶ学問を決めた理由や、具体的なきっかけ、エピソードを教えて下さい。

元々サッカー部に在籍していた時に、学校の先生が怪我のケアをしてくれて、自分も同じように怪我人や患者さんのそばで支えられる人になりたいと思い、理学療法士を目指すようになりました。

Q新潟医療福祉大学へ入学した理由を教えて下さい。

親が本校のホームページを見つけ、僕に紹介してくれたのがきっかけです。
就職率の高さ、充実した設備環境、海外研修の機会があることなどに惹かれ、最終的に決めました。

Q本学に入学してあらためて良かったと実感することはなんですか?

講義を通して経験豊富な先生方から色々な知識を吸収できることは、本当に良かったと思います。また、実際に働いている人たちの話を聞くことができる機会があり、自分の可能性を広げられる点で、この大学に入って良かったと感じています。同じ夢を持った仲間と共に一緒に勉強をすることで、楽しくお互いを高めあい毎日学校生活が楽しいです。

Q将来の目標や夢を教えてください。

私は理学療法士として働きながら、スポーツに関わる仕事をしたいです。
患者さんに対して相手の立場から物事を考え、支えてあげられるような人になれたらと思っています。

Q初めて一人暮らしをしてみての感想を聞かせてください。

一人で生活していく事に初めは不安もありましたが、休日友達と遊んだり家事等をしているうちに楽しくなり、いつの間にか慣れてきました。身の回りのことを自分でしないといけませんので、自分自身が成長でき、さらに親のありがたみがわかりました。

Qボランティア活動について教えて下さい。

少年野球の肘検診のボランティアに参加しました。
小さい子供とのコミュニケーションやお礼を言われたときのうれしさに、やりがいを感じました。

Qこれからオープンキャンパスに参加する高校生に向けて、メッセージをお願いします。

オープンキャンパスは絶対に参加した方がいいと思います! 実際に行ってみることで大学の雰囲気を感じることができます。大学生活もイメージすることができますので、勉強に対してのモチベーションも高まります。

Qこれから受験される高校生の皆さんに向けてメッセージをお願いします。

一般入試とセンター試験利用入試で出願したのですが、一般入試は学校のテキストをしっかり勉強することをお勧めします。基礎をしっかりやっておくことで、当日焦らずに問題が解けると思います。
試験会場は、宿泊先含め、下見を必ずしましょう! もちろん、当日は時間的余裕をもって行動しましょう!

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。