在学生メッセージ

一覧へ戻る

冨樫 礼子

山形県医療情報管理学科4年冨樫 礼子Ayako Togashi

本学科の魅力は、充実した実習施設です。バーチャルホスピタルには、実際の病院を想定して作られた受付や診察室、医療事務室などが配置されています。電子カルテやオーダリングシステムなど、最新の医療システムが導入されているので、診療情報やカルテの管理などを実践に近い形で学ぶことができます。この充実した環境の中で実践力を磨き、将来は医師や看護師、患者様が利用しやすい病院の環境作りに貢献したいです。


Q目指す専門職を決めたきっかけ(魅力)を教えてください。

私は、診療情報管理士の資格取得を目標に勉強しています。診療情報管理士は診療情報の管理やデータのマネジメント、カルテの管理などを行いますが、それらの業務を通して医師業務や患者の病院利用の際の利便性向上に貢献できるという点に魅力を感じました。

Q本学に入学を決めた理由、本学科を選んだ理由を教えてください。

取得可能な資格が医療系だけでなく、簿記やIT系と幅広かったため医療情報管理学科を選びました。幅広い分野の科目を学ぶことで、就職する際にも活躍の場が広がるのではないかと考えました。また、実際の病院のような受付や診察室などがあるバーチャルホスピタルなどの設備があり、専門科目を学ぶ際により実践に近い形で学ぶことができると感じたからです。

Q現在大学ではどのような勉強をしていますか?

「国際疾病分類論」
国際疾病分類論では、診療情報管理士の業務について学び、実際に病名をICD‐10を使ってコーディングしています。この授業を通して診療情報管理士の具体的なイメージをつかむことができました。また、教科書を使った講義だけでなく、実際の業務にもふれることができる点がおもしろいです。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか?また、その理由も教えてください。

「広い!」
キャンパスがとても広くて、緑も多いなと思います。どの棟もきれいで教室も広いです。また、学科の幅も広いと思います。二年次の連携基礎ゼミでは、他学科の学生と一緒に学習することができましたが、それぞれの学科に特色があり、目指す職種の幅も広くとても刺激を受けました。

Q本学に入学して、あらためて良かったと実感することは何ですか?

1年次からゼミ活動があり、たくさんの人とのつながりを持つことができたこと、専門科目を学ぶことで、入学前よりも取得を目指す資格や将来の夢のことをより明確に意識できるようになったことです。

Q将来の目標や夢を教えてください。

将来の目標は、診療情報管理士の資格を取得することです。資格を生かし病院で勤務したいと考えています。病院には膨大な量の重要な情報が存在しますが、それらを管理することで医師や看護師、患者が利用しやすい環境作りに貢献したいです。

Q先輩として、今の高校生に伝えたい一言、メッセージをお願いします。

どんなことが将来に役立つか分からないので、1つのことにとらわれず興味があることに関しては積極的に取り組んでみてください。また、私自身たくさんの人との繋がりに助けられているなと感じることがたくさんあるので、ぜひ人との繋がりを大切にしてください。

一覧へ戻る

北海道・東北地域の在学生メッセージ

※学生の在籍学年は平成29年度在籍時のものです。なお、視機能科学科は、平成29年度在籍のものとなります。