スマートフォンサイトを見る

新潟医療福祉大学

CHANCE1 4学部12学科から6学部13学科 生まれ変わります!

6学部13学科の総合大学で真のチーム医療を学ぶ! 理学療法学科 作業療法学科 言語聴覚学科 義肢装具自立支援学科 健康栄養学科 健康スポーツ学科 社会福祉学科 救急救命学科 診療放射線学科 臨床技術学科 視機能科学科 看護学科 医療情報管理学科 連携教育

3学科で入学定員を増員!

NEW 実践力を身につける全国トップクラスの設備環境! 2018年4月「看護シミュレーションセンター」を新設!

医療技術学部 診療放射線学科が新しく誕生します!

入学定員90名 目標とする資格 診療放射線技師(国家資格)ほか

診療放射線技師とは

医師または歯科医師の指示のもと、人体への放射線照射を行うことのできる専門職です。主に病院で、X線撮影やCT検査、放射線治療などの場面において、放射線を出す医療機器を扱うほか、MRI検査、超音波検査など放射線を使わない検査や画像診断の補助も行います。また、診療放射線技師が提供する検査画像は、病気の診断や治療方針を決定するための重要な情報となるため、チーム医療の一員として重要な役割を担っています。

ますます拡大する放射線技師のニーズ

超高齢社会の進展等により、がんの診断件数は2000年から2016年までに約50万件増加しており、がん治療におけるCT検査やMRI検査などの画像検査や放射線治療の重要性がますます高まってきています。こうした中、2010年4月には、厚生労働省から「放射線治療等に関わる業務の専門家として診療放射線技師を積極的に活用することが望まれる」という通知※が発せられています。これら社会背景を踏まえ、がんをはじめとする重大な病気の発見・検査から治療まで幅広い業務に対応することができる診療放射線技師へのニーズは今後ますます高まることが予想されます。

※厚生労働省「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」

出典:国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』をもとに加工

活躍が
期待される場

  • 病院等医療機関
  • 放射線を扱う研究機関
  • 検診施設
  • 医療関連企業(医療機器や医薬品を開発販売する企業)

詳しくはコチラ