スマートフォンサイトを見る

地域・産官学連携

地域連携(貢献)活動実績情報

平成29年度の主な運営状況・計画

1. とよさか中高年教養大学「健康長寿学」

平成28年4月から平成29年3月にかけて、月に1回(第4木曜日)、新潟市北区の「葛塚コミュニティセンター」において、年間テーマを「健康長寿をめざして」とし『とよさか中高年教養大学・健康長寿学』を開講しました。この教養大学は、学習のねらいとし「長寿社会の生きがいに、健康の保持に」を掲げ、北区民で構成されている「とよさか中高年教養大学運営委員会」が13科目を開講しているものです。新潟医療福祉大学は、13科目のうちの「健康長寿学」の科目を担当しているもので、受講者は年間で592人でした。

平成29年度は次の予定で「健康長寿学」を開講します。

4月 「人との「かかわり」を円滑にするための工夫」 社会福祉学科 渡邉 恵司 助教
5月 「食育と健康」 健康スポーツ学科 森泉 哲也 教授
6月 「輝く瞳は元気の源」 視機能科学科 前田 史篤 教授
7月 「生活の質を再考―作業バランスの自己診断―」 作業療法学科 浅尾 章彦 助教
8月 「救急に備える」  救急救命学科 鈴木 力 教授
9月 「福祉用具を活用して健康長寿を目ざそう!」 義肢装具自立支援学科 郷 貴博 助教
10月 「国際的競技力向上への戦略」 健康栄養学科 澁谷 顕一 准教授
11月 「骨折のリハビリテーション」 理学療法学科 相馬 俊雄 教授
12月 「高齢者の臨床検査と検査値のふたしかさ」 臨床技術学科 久保野 勝男 教授
1月 「若者と子どもたちの苦悩の理解と心理的サポート」 言語聴覚学科 石本 豪 講師
2月 「病院で支払う医療費と病院経営の関係~なぜ、退院・転院をすすめるのか、医療経済から考える~」 医療情報管理学科 柴山 純一 教授
3月 「がんになったら、がんになっても~素敵な人生を送るために~」 看護学科 北島 昌樹 准教授

このページの先頭へ戻る