スマートフォンサイトを見る

健康スポーツ学科

学外実習

学内での講義・実習を通して培った知識や技術が実践を通じて「ホンモノ」へと磨かれる。
現場での発見と感動が、一人ひとりの実践力・応用力を高めます。

学外実習計画

学外計画表

インターンシップ実習

インターンシップ実習写真

専門分野や将来のキャリアに関連した企業、公共スポーツ施設、社会教育施設などで就業体験を行います。2年次までに学んだ知識を実践に結びつけるとともに、社会人としてのマナーや態度を学び、「働くこと」を考えます。また、その後の就職活動に向けた動機づけを行います。


教育実習

教育実習写真

中学校や高等学校において、教科指導を中心に部活指導や体育マネジメントについて学びます。教科指導では、自ら作成した指導案により授業を行い、指導力の向上に努めていきます。また、部活指導に携わりながら、教師の仕事を体験していくことで教師になるための資質能力の向上を図っていきます。


アスレティックトレーナー総合実習Ⅰ・Ⅱ

アスレティックトレーナー総合実習I・II写真

アスレティックトレーナーとして必要な知識や技術を実践的に学ぶため、医療機関やスポーツチームなど学内外の様々な現場で実習します。また、選手の体力測定やアスレティックリハビリテーションにも関わり、トレーナーとしての総合的な素養を身につけます。


強化クラブとの連携
アスレティックトレーナーを目指す学生は、180時間以上の「現場実習」が必要なため、4年生になると各部活動のトレーナーとして練習に参加したり、試合に帯同したりしながら選手のマッサージや怪我の応急処置などを行います。本学の強化クラブには、スポーツに真剣に取り組む多くの学生がいるため、4年間で身につけた専門的知識と技術をフル活用して選手サポートに当たります。また、チームに馴染んで活動を行うことの難しさや、選手に信頼されることの大切さなど、知識や技術以外の多くのこともこの実習を通じて学びます。


学外実習レポート

山田大地写真 教育実習を終えて
健康スポーツ学科4年 山田 大地

私は3週間、母校の中学校で教育実習をさせていただきましたが、担当クラスの中には、授業や終学活から抜け出し参加しない生徒がいることを聞き、その生徒に対してどのように対応すればよいか不安に感じていました。
実習初日、その生徒は終学活中にいなくなりました。私は終学活を中断し、生徒を探しに行き、活動に参加させるようにしました。それから私は、毎日のようにその生徒を追いかけ話をしました。その中で、生徒は次第に自分自身のことを話してくれるようになり、教育実習の総まとめである研究授業では、今まで一度も出席しなかった体育の授業に、体操服を着て待っていてくれました。生徒の気まぐれだったのかもしれませんが、少しでも私の思いが伝わってくれたのではないかと感じました。
この3週間で多くの方に支えていただき、教師の魅力を強く感じました。それと同時に、自分の未熟さもよく分かりました。ただ、教師が本気で関われば、生徒から素直に反応が返ってくるものだということも実感することができました。今後もこの経験を活かし、日々成長していきたいです。

※学生の在籍学年は、平成26年度在籍時のものです。

関連施設・病院

実践の場、関連医療福祉施設・提携医療福祉施設とのネットワーク
新潟医療福祉大学では、講義で学んだことを実際の現場で体験し、QOLサポーターに必要とされる実践的なスキルを磨くために、関連医療福祉施設をはじめとした全国多数の医療福祉施設に実習施設として協力いただき、実際の対象者と接することでその知識・技術を確かなものにしていきます。

関連施設・病院の詳細はこちら

このページの先頭へ戻る