スマートフォンサイトを見る

健康スポーツ学科

教員紹介

寺田 進志写真

健康科学部/健康スポーツ学科

寺田 進志
Michiyuki Terada
助教

プロフィール

担当科目スポーツ運動学
専門分野スポーツ運動学、コーチング学
学位・称号/取得機関/取得年博士(コーチング学)/筑波大学/2017年
修士(体育学)/筑波大学/2012年
資格中学校教諭専修免許(保健体育)、高等学校教諭専修免許(保健体育)、日本サッカー協会公認C級コーチ、日本サッカー協会公認4級審判員
所属団体・学会等日本スポーツ運動学会
日本体育学会
日本コーチング学会
運動伝承研究会

業績等

研究領域スポーツ運動学、サッカー、コーチング
研究紹介どのような練習をすれば「できない」動きが「できる」ように、「できる」動きが「よりうまくできる」ようになるのかを研究しています。
受賞歴平成24年度日本スポーツ運動学会優秀発表賞
研究論文寺田進志・佐野 淳(2017)サッカー選手の〈パスの知〉の地平分析.体育学研究62:169-186.
寺田進志・佐野 淳(2015)パス発生における出し手の体感身体知の分析.スポーツ運動学研究28:31-53.
寺田進志・佐野 淳(2013)サッカー選手の動感特性に関する考察.スポーツ運動学研究26:95-106.
研究業績〈学会発表〉
寺田進志:サッカー選手のパスの知における体感身体知の分析.第28回日本スポーツ運動学会大会、茨城、2015年3月.
寺田進志:サッカーにおけるパスの出し手の動感に関する考察.日本フットボール学会第12回大会、東京、2014年8月.
寺田進志:サッカーにおける競技力の現れとしての「ボールを蹴る」.第27回日本スポーツ運動学会大会、高知、2014年3月.
寺田進志:サッカー選手のポジショニングに関する身体知について.第25回日本スポーツ運動学会大会、福岡、2012年3月.

このページの先頭へ戻る