スマートフォンサイトを見る

看護学科

在学生メッセージ

塚田有紀写真 1年生 塚田有紀 新潟県出身

基礎看護学演習は、実際の病院を想定した実習室で看護ケアを実践します。演習では看護師役だけでなく患者様役体験もするので、患者様の気持ちを理解することができます。患者様の気持ちが分かっているとアセスメントやケアが行いやすく、その理解の大切さを実感しました。最初は何が正解かわからず、戸惑い失敗することもありますが、その都度先生方が根拠に基づいて丁寧に指導してくださるので、確実に次に活かすことができています。また、演習で得た知識や技術は実生活で応用することもできるので、そこも面白いなと感じています。

Q&A

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけはなんですか?

私が看護師を目指したきっかけは、高校2年生の時に母親が入院したことです。とても不安で仕方なかったのですが、誰にも言えずに不安を抱え込んでいました。そんな時、母親の担当の看護師に声をかけてもらい、母だけでなく私まで助けていただきました。そこで、看護師は患者様だけでなくその周りまで助けることができると知り、私もそのような看護師になりたいと思い、志すようになりました。その看護師は今でも私の憧れであり、目標です。

Q本学・本学科を選んだ理由はなんですか?

本学科を選んだ理由は、看護師のほかにも保健師、助産師、養護教諭といった資格取得を選択することができるからです。自分の将来の可能性を広げるために看護師以外の資格も取得したいと思っています。これは本学の魅力であり、特色です。また、本学は、保健・医療・福祉・スポーツの総合大学なので学科の枠を越えてチーム医療を学べます。実際に他学科の専門職について学ぶ授業もあるので看護以外の知識を身につけることもできますよ。

Q本学科で特に印象に残っている施設はなんですか?

「基礎看護学実習室」
本学科には、基礎看護学実習室を含め4つの実習室があります。すべての実習室に共通して学習に十分な器材や設備が整っているので演習中に不便を感じたことは一度もありません。また実習室は、授業時間以外でも利用できるのでいつでも自主学習をすることができます。私は、授業の空き時間を使って演習の予習復習をしています。

Q将来の夢や目標について教えてください!

看護師として臨床経験を積み、将来は、助産師として働いていきたいと考えています。妊娠、出産は当たり前ではなく奇跡です。妊婦は期待や希望と同じくらい不安を抱えています。そのような妊婦に安心を与え、無事に赤ちゃんが生まれた時は心からのおめでとうを伝えたいです。助産師は、妊婦と新生児のふたつの命を預かります。だからこそ、この大学4年間で確かな技術と知識を身につけなければならないと思っています。

  MON TUE WED THU FRI
1限   看護学概論 人体の構造と機能Ⅰ   援助的人間関係論
2限     英語Ⅰ  
3限 スポーツ・健康 食を楽しむ 基礎ゼミ 成人看護学概論 国民の生活と健康を
支える仕組み
4限 保健医療福祉制度論 臨床心理学
(カウンセリング含)
    情報処理Ⅰ
5限 こころの構造と機能        

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る