スマートフォンサイトを見る

看護学科

OB・OGレポート

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

退院後の生活を見据えて

小林加奈

私は現在、看護師として勤務しています。受け持ち患者様の全身状態を把握してから、検温、医師の診療・治療の補助、環境整備、食事介助、入浴介助など患者様が安全且つ快適で、安心して入院生活を送れるよう配慮しながら日々の業務に励んでいます。また、入院時から退院後の生活を見据え、患者様や家族の意向をくみ取りながら他の専門職と連携してカンファレンス(患者様へのより良い支援方法を検討するための会議)を行い、生活動作の訓練や生活指導も行っています。

小林加奈
卒業年度:2015年度
出身高校:新潟県・新潟東高校
勤務先:医療法人新成医会総合リハビリテーションセンターみどり病院
職種・職位:看護師

Q仕事のやりがいや大切にしていることは何ですか?

看護師の仕事は、患者様に寄り添うことから始まります。私が勤務している回復期病棟では、入院期間が長いため、患者様と過ごせる時間が多くあります。その中で、信頼関係を築き、患者様の回復していく過程を支えることが重要だと考えています。退院される際に、入院時より動けるようになった患者様とご家族の笑顔を見るととても嬉しく感じます。看護師の仕事は、業務内容も多く大変かもしれませんが、患者様への支援を通して、自分自身が成長できるやりがいのある仕事だと思います。

Q本学の学びで活かされていることは何ですか?

私は、本学で「チーム医療」の重要性とその実態を学びました。看護師だけでは患者様を支えることはできません。様々な専門職が連携して一人ひとりの患者様を支えています。実際に病院では、患者様のために他の専門職と協力する機会が多く、コミュニケーションをとって情報を得たり、調整などを行っています。まさに大学で学んだ「チーム医療」を実践しており、大学での学びが活用されていると感じます。今後も、他の専門職と連携していく中で、看護師の役割を果たせるよう努力したいと思っています。

Q看護師を目指したきっかけはなんですか?

私が幼い頃に祖母が入院し、その時に祖母に接していた看護師を見て「こんな優しい人になりたい」と思ったことが看護師を志したきっかけです。幼いながらに看護師の行動や言動をよく見ていたのを覚えています。その時からいくつかなりたい職業を思い浮かべていましたが、看護師になりたいという気持ちは消えませんでした。高校に進学し、進路を決めていく中で、本学のオープンキャンパスに参加しました。そこで看護師という職業はどのようなものなのかをあらためて知り、看護師になりたいという気持ちが明確になりました。

Q今後の目標を教えてください!

私が大学の実習で受け持たせていただいた患者様が「動けない時はつらかった」「涙が出ても自分の手で拭うことができないんだもの」と涙ながらに話してくださったことがありました。その時、手足が思うように動かせないことがどんなにつらいことかを感じ、リハビリをする患者様を支えたいと思うようになりました。しかしながら、回復期といっても全ての患者様が思うように回復過程をたどることができるとは限りません。患者様のより身近な存在であり、心身ともに支えていけるような看護師を目指し、今後は回復期リハビり認定看護師の資格取得を目標にしています。

Q高校生へ一言お願いします!

私は、本学のオープンキャンパスに参加して看護の仕事について理解が深まり、看護師を目指すことを決意しました。大学生活で看護師の知識や技術を身につけていく上で大変なことやつらいこともたくさんありましたが、周りには同じ夢を目指している友人、そして支えてくれる先生方がいました。本学で過ごした時間は一生忘れることのできない大切な時間となっています。看護の力はさまざまな場所で求められています。看護師になりたいという気持ちが少しでもありましたら大学のオープンキャンパスにぜひ参加してみてください。

その人らしい生活送れるように

佐藤 大輔

私は現在、聖マリアンナ医科大学病院で看護師として勤務しています。患者様の状態を観察し、どうすれば患者様の状態が良くなるかを考え、実践することが看護です。例えば、呼吸状態を良くするために患者様の呼吸の音を聴き、呼吸状態が改善するように体の向きを変えたりします(体位変換)。病気により自分自身で身の回りのことができない患者様に対しては、食事やトイレの介助を行います。また、回復のための援助を行っても入院前と比べて状態が変わってしまい、退院後の生活が心配な患者様もいます。そのような方には、退院後の生活を患者様、ご家族の方と相談し、その人らしい生活が送れるように支援を行います。

佐藤 大輔
卒業年度:2014年度
出身高校:新潟県・長岡向陵高校
勤務先:聖マリアンナ医科大学病院
職種・職位:看護師

Q 看護師を目指したきっかけはなんですか?

小学生の時に父が病気で倒れました。病院に行って手術が終わるのを待っていた時、看護師が心配して不安だった私の話を聞いてくれてとても安心しました。また、小さい頃、自分自身も体が弱くて入退院を繰り返していたこともあり、自然と病院で看護師として働きたいと思うようになりました。父の病気のこともあって循環器に興味を持つようになり、現在は心臓血管外科と循環器内科の患者様が入院されている、ハートセンターという病棟に勤務しています。

Q仕事で大切にしていることはなんですか?

看護師の業務はとても難しいですが、患者様一人ひとりの状態に合わせた個別性のある看護を行うことを心がけています。同じ心筋梗塞という病気の患者様でも、今まで過ごしてきた生活はひとり一人異なります。その人が大切にしてきたことや幸せに感じることも違います。病院では、食事や運動など、生活が制限をされることが多いのが現状です。私の病棟は、重症の患者様が多く入院しています。患者様の希望だけを尊重することはできず、命を救うことが最優先になることもあります。病気による様々な制限が、その人らしい人生を奪うこともあります。そのような中でも、患者様が少しでもその人らしく過ごしていけるように日々心がけながら支援を行っています。

Q本学の学びで活かされていることはなんですか?

多職種連携です。実際に臨床では、医師をはじめ、理学療法士や作業療法士など様々な職種の方とコミュニケーションをとり、意見を交換する場が多くあります。本学在学中は、連携基礎ゼミや連携総合ゼミなどで事例課題に対して、他学科の学生と取り組む授業がありました。そこで看護師が、医療・福祉の中でどのような役割が求められているのかについて学びました。また、看護では困難なことが、どの職種の人が得意なのかということも学びました。また、在学中に親しくなった他学科の友人とは今でも交流があり、自分が得意でないことを聞くことができています。

Q今後の目標や将来の夢について教えてください!

私は看護師になって3年目でようやく業務が一人で行えるようになり、自立してきたところです。さらに経験を積み重ね、看護を深めていきたいと思っています。現在事例研究に取り組んでおり、今後は、その研究内容を深めて成果としていけたらと考えています。私の病棟には心不全チームや感染制御チーム、デバイスチームといった様々なチームがあります。私はその中でも特に心不全に関心があり、そのチームに関わっていきたいと思っています。そして、様々な経験を重ねて、将来的には認定看護師の資格取得を目指したいと考えています。

Q高校生へ一言お願いします!

全ての医療・福祉系の専門職に当てはまることだと思いますが、看護師という専門職として働く上では、生涯、学び続けることが求められると思います。大学を卒業して看護師の国家資格を取りましたが、そこからの勉強のほうが難しく大変でした。それでもまだまだ分からないことがたくさんあります。新しい治療法などが導入されると追いつくのに必死です。しかし、高校のころの勉強とは違って、すぐに看護実践の中で活用できます。それがとても楽しくもあります。そのため、勉強することも少しずつ楽しくなってきます。受験や大学在学中の勉強は大変かもしれませんが、皆さんも自分の目標に向かって頑張ってください!

看護師として働く中で得たもの

薛 紀子

私は、皮膚科と消化器内科、呼吸器内科の混合病棟に勤務しています。そのため、患者様の疾患や治療内容は様々で、患者様一人ひとりに適した個別性のある看護を提供する必要があります。患者様の良き理解者となり気持ちに寄り添うことが大切であると考えています。

薛 紀子
卒業年度:2009年度
出身高校:新潟江南高校
勤務先:国立大学法人 新潟大学医歯学総合病院
職種・職位:看護師、保健師

Q大学の学びで現在の職場に活かされていることは何ですか

大学時代に行った「PBL(問題解決型学習)」が心に残っています。7~8名で行うグループワークですが、一つの課題について客観的に評価し看護を展開していくために、必要な知識や情報を手分けしながら調べ、共有しながら学んでいきました。大学時代に学んだ「PBL」によって、“考える力”や“考える習慣”が身につきました。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか

「輪」
看護専門職を目指し、共に学び合う「輪」。他学科の学生と『チーム医療』について学び合う「輪」。クラブ活動などで学科や学年の枠を超えて広がる「輪」。このように、小さな一つの「輪」が大きな「輪」へと繋がる場所。それが新潟医療福祉大学だと思います。

目指せ!地域に根をはる保健師!

伊藤 麻里

私は現在、村上市役所で村上市内の4,000人弱の地区を担当する保健師として勤務しています。勤務1年目で不安もありましたが、健康診断を受診した地域の方々のご自宅を訪問して健診結果を手渡しする活動を通して、多くの方々に顔を覚えていただくことができました。また、こうした活動を通じて信頼関係を少しずつ築いた結果、事後の保健指導もスムーズに進めることができました。

伊藤 麻里
卒業年度:2013年度
出身高校:新発田高校
勤務先:村上市役所
職種・職位:保健師・看護師

Q保健師の将来性を教えてください

2008年から特定健診・特定保健指導が始まるなど、国全体が予防活動に力を入れており、地域住民の保健指導・管理を担う保健師のニーズも高まっていると考えられます。また、行政保健師は「ゆりかごから墓場まで」と言われるように、すべての住民の健康維持・増進に関わることができます。さらに、今後は災害現場での活躍も期待されるため、保健師の必要性はますます高まっていくと思います。

Q本学入学を目指す高校生にメッセージをお願いします

新潟医療福祉大学は、講義や実習、国家試験、就職まで全力でサポートしてくれます。教職員の方々も気さくな方が多く、親身に話を聞いてくれるので、この大学はおススメですよ!

仲間と一緒に国家試験の勉強を乗り越えました!

中嶋 恵里香

私は現在、大学病院の産科病棟で助産師として働いています。当院は様々な病気を合併している患者様が多く、お産も自然分娩だけでなく帝王切開も多くあります。
検査や治療の実際の現場では看護師、助産師だけでなく医師や様々な職種のスタッフとの関わりや、他病棟(皮膚科、耳鼻科、精神科など)との連携も必要となります。そのため、大学で学んだ看護や助産の知識はもちろん、他学科との連携教育で培った経験や技術も総動員しながら日々業務に励んでいます。
大学時代を振り返ってみると、朝から晩まで図書館などで勉強していたことが思い返されます。同じ目標に向かって頑張っている仲間の姿を見て刺激を受けたり、疑問や分からないことを皆で相談して解決したりと、助け合いながら学生生活を過ごしました。また、先生方も質問に伺うといつも丁寧に指導してくださいました。このように、集中して勉強できる環境を提供してくださった大学や先生方には言葉には言い表せないほど感謝しています。
これからは、患者様それぞれの状況に合わせて、その方に必要なケアを“できるだけ早く”そして、“効果的に”提供できるような助産師を目指して頑張ります!

中嶋 恵里香
卒業年度:2013年度
出身高校:新潟県・敬和学園高校
勤務先:学校法人 聖マリアンナ医科大学病院
職種・職位:看護師・保健師・助産師

Q大学で学んだことは何ですか?

勉強面(講義や演習・実習を通じて身につけたもの)
本学は連携教育に力を入れており、授業や実習でPBLやグループワークを行う機会が多く、他者との意見交換などを通して学びを深めることが多くあったと思います。そこで、広い視野を持って患者さんのケアを考えていくことの重要性を学びました。日々、患者さんはもちろん、他のスタッフと意見交換を通して看護の方向性を考えることができ、大学で学んだことがいかされていると感じています。
課外活動面(ボランティアやサークル活動、その他学生生活で身につけたもの)
4年間、ピアエデュケーションサークルに所属していました。ピアを通して対象者の状況からアプローチの方法を考えることの大切さと必要性を感じ、仲間と共に試行錯誤を繰り返した日々がとても貴重な経験になっています。そこで就職してから、お産が進んでいて苦しい状況にある産婦さんに、どんなふうに声をかけたりかかわったらお産をがんばれるかなど、自分の助産や看護を考える中でいつも大切にしています。

Q今後の目標・抱負を教えてください。

たくさんの患者様と出会って、一般的な知識や技術をだけでは足りないことを日々痛感しています。どんな患者様でもそれぞれの状況に合わせて、その方に必要なケアをできるだけ早く判断して、効果的なケアを提供できるようになることが今の目標です。

Q本学の就職率は全国でもトップクラスを誇っていますが、その理由はどこにあると思いますか?

就職センターの方はもちろん学科の先生方が親身になって就職の相談に乗ってくださるなど、サポート体制が整っているためだと思います。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか? また、その理由も教えてください。

「協力」
1年次から他学科との交流があり、自分の学科のことだけでなく、他の専門職からみた意見を取り入れて患者様のQOLの向上について考えたりします。その中で、学科の枠を越えて意見交換を行うため、分担作業で終わらずにお互いの意見を尊重していくことが必要です。このようにみんなで協力しながら活動することは本学ならではだと感じているからです。

Q国家試験合格に向けた学科でのサポートやご自身で努力されたことなどについて、実体験などを交えて教えてください。

毎日、朝から夜まで図書館や空いている教室で勉強していました。同じ目標に向かって頑張る仲間の姿を見て自分も頑張ろうと思ったり、わからないことなどはみんなで相談して解決したりすることもあり、仲間がいなかったら合格はできなかったと思います。先生方も質問にいくといつも丁寧に教えてくださいました。このように、勉強できる場を提供して下さったり、わからないことを聞きに行ける体制を整えてくださった大学や学科の先生方にはとても感謝しています。

Q本学の就職センターの活用方法や相談に行ってみて良かったこと、役に立ったことなどを教えてください。

就職センターでは先輩の就職活動の状況を知れたり、就職活動をする上でたくさんの情報を得ることができ、とても参考になりました。

Q地元を離れて就職を希望した理由や就職活動で努力したこと、苦労したこと、Iターン就職して良かったこと、現在の心境などについて教えてください。

県内の医療施設のことしか知らず、他の地域との違いの有無に興味を持ったことがきっかけで新潟県外に就職したいと思うようになりました。生まれてからずっと新潟に住んでいて新潟が大好きなので、地元を離れるのはとてもさみしかったです。しかし、新しい発見もあり今は県外に出てみて良かったと思っています。

Q本学入学を目指す高校生にメッセージをお願いします。

入学を目指して受験勉強や小論文や面接練習などは大変だと思います。しかし、大学では、学びたいことが学べて新しい発見があったり、かけがえのない仲間と出会えたりするため、あの時頑張って入学して良かったと感じると思います。頑張ってください!

真正面から人に向き合う

山﨑 健太

現在私は、神経内科病棟に所属して2年目となります。神経内科病棟では、自分の訴えを言葉で伝えることが困難な患者様が多数おり、また、寝たきりにより一日のほとんどをベッド上で過ごす患者様もいらっしゃいます。入職当初は、業務を覚えることに精一杯で、患者様と深く関わることはできませんでしたが、先輩看護師、医師、他の職種の方々に支えられ、自分に足りないところを丁寧に教えてくださったので、徐々に患者様に向き合うことができるようになりました。
大学時代の思い出は、学内の様々な実習室で、演習や自己学習を通して基礎看護技術・知識を徹底的に学んだことです。その時に繰り返し練習し身につけた看護技術が、職場でも大いに役立っていると感じます。
看護の現場は、女性の職場だと思われがちですが、近年男性看護師は徐々に増えてきています。看護師は、男性ならではのあたたかさや力強さなどを活かすことができ、今後おおいに活躍できる職種だと思います。様々な人と向き合い、時に感謝され嬉しくなり、時に寂しさを感じるなど、人に真正面から向き合えてやりがいのある仕事は他にないと思います。

山﨑 健太
卒業年度:2012年度
出身高校:新潟県・六日町高校
勤務先:国立病院機構 西新潟中央病院
職種・職位:看護師・保健師

Q大学で学んだことは何ですか?

勉強面(講義や演習・実習を通じて身につけたもの)
大学内には様々な実習教室があり設備が整っていることで、演習や自己学習を通し実習前や将来必要となる基礎看護技術、知識を学ぶことができました。今では繰り返し看護技術を練習し身につけたことが大いに役立っていると感じます。実習では、実際に患者さんと触れ合うことで、講義では学ぶことのできないものを考えさせられ感じることができます。教員と振りかえることで、自分の看護とは何かを改めて見つめなおすことができました。
課外活動面(ボランティアやサークル活動、その他学生生活で身につけたもの)
私はサークル活動には参加していなかったのですが、看護学科のみならず多くの学科があり、他職種と共に学ぶ講義もあるため関わる機会が多く、多くの友人をつくることができました。卒業後は離ればれとなりますが、久しぶりに会った時に、自分の悩みを聞いてもらい、違う視点でのアドバイス、刺激を得ることで心の支えとなり、一生の存在をえることができました。

Q今後の目標・抱負を教えてください。

先ほども「信頼される看護師になりたい」と述べましたが、ただ身の回りのケアを行うことが看護ではありません。一つ一つのケアの際に言葉掛けをかけること、一方的に話しかけるのではなく、患者さんの気持ち、尊厳をくみ取り、時には傾聴すること、患者さんの入院生活での生活の場となるベッド周囲を心地良いものとするために、患者さんの生活状況を把握し関わること、など様々ありますが、初心を忘れずに、自分の看護に過信せず、根拠をもちながら日々学習を深め、患者さんに寄り添っていきたいと思います。

Q本学の就職率は全国でもトップクラスを誇っていますが、その理由はどこにあると思いますか?

それはやはり、国家試験の合格率が高く、受かるための学習環境が整っていることにあると思います。私は正直に話すとはじめは合格点には難しい圏内でしたが、国家試験対策委員、先生の方々により自分の苦手な分野を理解しそこを重点的に反復して学習することで、看護師免許のみならず、保健師免許も受かることができました。

Q本学を一言で表すと何だと思いますか? また、その理由も教えてください。

「基礎」
私は看護師になりたいという漠然とした夢はありましたが、実際自分が向いているかなど不安を抱いていたことを思い出します。しかし4年間の中で様々なことを学習し身につけることで、自分の中での看護観をつくり、自分の夢に繋げる場、土台を大きく作りあげられる場となりました。

Q国家試験合格に向けた学科でのサポートやご自身で努力されたことなどについて、実体験などを交えて教えてください。

国家試験合格に向けて、学内の勉強会のみならず学外の学習会にも数多く参加し学習を深めました。また私の担当教員が相談にのってくださり、試験の最後まで寄り添ってくださったので最後まで真剣に学集に取り組むことができました。今となってはあの時に学習を深めていたことがこんなにも活用できていると思えることが喜びであり、「がんばってよかった」と強く思います。

Q本学入学を目指す高校生にメッセージをお願いします。

女性の職場だと思われがちですが、近年男性看護師は徐々に増えてきています。男性ならではのあたたかさや力強さなどを活かすことができ、今後おおいに活躍できる職種だと思います。さまざまな人と向き合い、さまざまな価値観を理解し、時に感謝され嬉しくなり、時に寂しさを感じたりと、人との関わりがこんなにすばらしくやりがいのある仕事は他にないと思います。一緒に頑張ってみませんか?

このページの先頭へ戻る