スマートフォンサイトを見る

義肢装具自立支援学科

在学生メッセージ

井上 樹写真 2年生 北村 翔太 長野県出身

自分が怪我でつらい思いをしている時、世界陸上で両足義足の選手が健常者と同様に走る姿を見て、怪我や障害に悩む方を「ものづくり」で支援ができる義肢装具士を目指そうと思いました。義肢装具士についてより詳しく知ろうと思いオープンキャンパスに参加したところ、本学科で義肢装具士の国家資格に加えて複数の福祉用具関連資格を目指せることを知り入学を決意しました!将来は、義肢装具だけでなく総合的な支援ができる人材になりたいです。

Q&A

Qクラブ・サークル活動について教えて!

FWS(空飛ぶ車いすサークル)に所属しています。FWSは、国内で使われなくなった、または故障した中古の車いすを集めて修理し、海外の発展途上国などに届ける活動を行うサークルです。日々の活動として車いすの修理、出張修理会、修理の講習会などを行っています。

Q履修した授業について教えてください!

「義肢実習Ⅱ(下腿義足)」
2年次では、実際に足を切断したモデルの方にお越しいただき義足を製作するという臨床での業務に近い実習を行っています。1年次の実習では、切断した方の足の模型から形を採って義足を製作しましたが、2年次では、モデルの方の足から形を採って製作します。初めて接するモデルの方や、上手くできるのかといった不安からとても緊張しますが、臨床現場で行う作業を経験できることはとても充実感があります。また製作した義足はモデルの方に履いてもらい問題なく使えるように調整などの適合作業を行います。自分が作った義足でモデルの方が歩いた時はとても感動しました。この感動は義肢装具士にならなければ味わうことの出来ないものだと思います。

Q将来の夢や目標について教えてください!

私は将来、義肢装具士として障がい者スポーツに関わって、選手のサポートをするのが夢です。先日初めて陸上競技の全日本パラを見に行きました。競技場では、選手達の走りの速さや、ジャンプの力強さに驚きましたし、競技をする姿を見て感動しました。本学では、義肢装具士だけでなく福祉関連の資格も取れるので、幅広い知識と技術を活かし車いすスポーツなどにも全般的に広く関わることのできる人材になりたいです。

Qオープンキャンパスの見どころは?

オープンキャンパスの学科ブースは、学生スタッフが主体となって運営をしています。そのため、パンフレットだけでは感じることの出来ない学科の雰囲気を感じることができたり、在学生の生の声を聞くことができます。また、「義足体験」や「自分の指型を取ってみよう」など実際に体験できるプログラムもたくさんあるので、志望学科を選ぶ参考になると思います。ぜひ参加してみてください!

Q『これから本学を目指す高校生』にメッセージを!

義肢装具士は障害を持った人を助けることのできる素晴らしい職業です。しかも、自分が作った物で直接誰かを助けらるので、やりがいや達成感はとても大きいです。また、素晴らしい先生方や共に学ぶ仲間との出会いも魅力の一つです。ぜひ、一緒に義肢装具士を目指しましょう!

  MON TUE WED THU FRI
1限     義肢学I   装具学Ⅰ
2限 神経科学   義肢実習Ⅰ   装具実習Ⅰ
3限   材料力学   運動学
4限 内科学 義肢実習Ⅰ 整形外科学Ⅰ
5限 リハビリテーション
医学
     

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る