スマートフォンサイトを見る

義肢装具自立支援学科

教員紹介

真柄 彰写真

医療技術学部/義肢装具自立支援学科

真柄 彰
Akira Magara
教授

プロフィール

担当科目整形外科学Ⅰ、整形外科学Ⅱ、リハビリテーション概論、リハビリテーション医学、障害の評価と義肢装具演習、医療福祉専門職概論、福祉用具概論、福祉用具学Ⅱ、臨床実習Ⅰ、臨床実習Ⅱ、卒業研究計画、卒業研究Ⅰ、卒業研究Ⅱ、基礎ゼミ、連携基礎ゼミ、連携総合ゼミ
専門分野リハビリテーション医学、脊髄損傷、リハ医学データベース、保健医療福祉連携教育
学位・称号/取得機関/取得年医学士/新潟大学医学部/1975年    博士(医学)/帝京大学医学部/2009年
資格医師、日本リハビリテ-ション医学会専門医・認定臨床医・指導責任者、日本整形外科学会専門医、日本医師会認定産業医、介護支援専門員、ロコモアドバイスドクター、厚生労働省認定義肢装具等適合判定医、身体障害者福祉法第15条指定医
最終出身校新潟大学医学部
過去の経歴新潟大学医学部整形外科学教室
東京大学医学部麻酔科
聖隷浜松病院整形外科
東京都養育院附属病院リハビリテーション科
米国エモリー大学医学部リハビリテーションセンター
西オーストラリアロイヤルパースリハビリテーションセンター
燕労災病院リハビリテーション科部長を経て現職
所属団体・学会等日本リハビリテ-ション医学会
日本整形外科学会
日本義肢装具学会
日本職業災害医学会
国際脊髄障害医学会
日本脊髄障害医学会
日本運動器科学会
日本保健医療福祉連携教育学会
新潟整形外科研究会
新潟医療福祉学会

業績等

研究領域全国脊髄損傷データベースの構築と分析
脳卒中と脊髄損傷の回復と合併症
保健医療福祉連携教育
研究紹介脊髄損傷リハデータベースは労災病院として全国的な取り組みである。1992年から統一フォームを作成1994年から国際的基準を採用し国際比較を可能とした.2000年から米国統計センターに準拠しデータを解析した。“脊髄損傷のoutcome-日米のデータベースより-(医歯薬出版)”として出版した。
著書「脊髄損傷のoutcome」編著(医歯薬出版)
受賞歴労働福祉事業団・優秀な研究表彰受賞(全国労災病院脊髄損傷者データベース作成)
研究論文職業復帰のためのリハビリテーションマニュアル「せき髄疾患」労働調査会,54-72,2000
脊髄損傷のoutcome-日米のデータベースより-第5章 合併症の予防と管理 1.褥瘡7.深部静脈血栓症 医歯薬出版2001.11.1 64-73,133-142
脊髄損傷 クリニカルパス 「回復期」臨床リハ 別冊 リハビリテーション クリニカルパス実例集 P70-74 2001.6
リハビリテーション医学における疫学 脊髄損傷 総合リハビリテーション 医学書院 32巻1号 P29-P34 2004.1
(翻訳)アンフレッド 脳・神経リハビリテーション大辞典 16章 外傷性脊髄損傷 西村書店
(編集)脊髄損傷者の社会参加マニュアル 日本せきずい基金 2008年2月25日発行
Special Program for Collaborative Science in Health and Welfare towards the Master's Degree,The Niigata Journal of Health and Welfare Vol.6,No.1 pp117-9
保健医療福祉連携教育の実現に向けて,リハビリテーション連携科学 第9巻 第1号,40-42,日本リハビリテーション連携科学学会,
脳血管障害リハビリテーションと装具処方-義肢装具士として脳血管障害患者と上手につきあう-POアカデミージャーナル Vol.16,No3 p119-p125
外傷性脊髄損傷において深部静脈血栓症が発生する要因 帝京医学雑誌 Vol.32 No.1 p17-p32
医療福祉系大学における他職種連携・チーム医療の現在と未来 保健医療福祉連携 Vol.6 No1 p31-32
研究業績外傷性脊髄損傷において深部静脈血栓症が発生する要因
文部科研費(20650087)仮想事例とSNSによる保健医療福祉連携教育演習システムの構築と有用性の検証 2008-2010年度
教育に関する活動新潟医療福祉大学連携教育推進副委員長
新潟医療福祉大学健康管理センター長
新潟医療福祉大学診療所長
日本保健医療福祉連携教育学会常任理事
社会的活動日本リハビリテ-ション医学会代議員
日本リハビリテ-ション医学会関東地方会監事
日本義肢装具学会評議員
日本運動器科学会評議員
日本整形外科学会ロコモアドバイスドクター
日本医療安全調査機構医療事故調査支援センター関東信越地域担当者
第35回日本リハビリテーション医学会関東地方会主催(2006年)
日本リハビリテーション医学会新潟地区市民公開講座主催(2010年)
第7回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会主催(2014年)

このページの先頭へ戻る