スマートフォンサイトを見る

義肢装具自立支援学科

教員紹介

須田 裕紀写真

医療技術学部/義肢装具自立支援学科

須田 裕紀
Hironori Suda
講師

プロフィール

担当科目基本工作論・基本工作実習ⅠⅡ/義肢学Ⅰ・義肢実習Ⅰ(義手)/装具学Ⅲ・装具実習Ⅲ(下肢装具)/車いす・シーティング実習/福祉用具学Ⅱ・福祉用具演習Ⅱ(コミュニケーション機器)
専門分野義足,義手,下肢装具
学位・称号/取得機関/取得年博士/新潟大学/2017年
資格義肢装具士
最終出身校新潟大学大学院 自然科学研究科 電気情報工学専攻
過去の経歴(有)タカハシ補装具サービスを経て現職
所属団体・学会等日本義肢装具学会会員
日本義肢装具士協会会員
臨床歩行分析研究会会員
新潟医療福祉学会会員
International Society for Prosthetics and Orthotics (ISPO:国際義肢装具協会)
バイオメカニズム学会会員
リハビリテーション工学協会会員

業績等

研究領域義足のアライメント評価について三次元動作解析装置などを用いたバイオメカニクス研究,ソケット適合評価について圧力センサを用いた研究,能動義手のコントロールケーブルシステムの効率について歪ゲージを用いた研究
研究紹介義足とは下肢の一部を欠損した場合に、元の足の形態又は機能を復元するために装着・使用する人工の手足です。義足を組立てる際に各パーツの相対的な位置関係が重要になります。これをアライメントといい、それぞれの切断者に適した個別のアライメント調整が必要であります。アライメントの調整次第で歩き易さは如何様にも変化するため、アライメントと歩行の関係について研究を行っています。
著書岡田史,星紀恵子,西本円,宮下栄子,東江由起夫,須田裕紀,池野久恵,渡辺敏文,江草安彦,大橋謙策,北島政樹, 介護福祉経営士テキスト基礎編Ⅰ-5 高齢者介護と介護技術の進歩 人,技術,道具,環境の観点から,第1版, 株式会社日本医療企画. 2012
研究論文須田裕紀,林豊彦,前田義信,渡辺哲也,前田雄,東江由起夫,義足のInset・Outsetアライメントの変化が義足足底荷重位置の主観的推定に与える影響.電子情報通信学会.2012
須田裕紀,林豊彦,前田雄,髙橋素彦,東江由起夫,義足のInset・Outsetアライメント評価における義足足底荷重位置の主観的推定の有効性.バイオメカニズム学会.2017
研究業績平成27-29年度,義足のアライメント設定に影響を及ぼす因子と評価項目の分析,文部科学省(若手研究B)
教育に関する活動非常勤講師
・千葉県立保健医療大学
・新潟リハビリテーション大学
・早稲田医療技術専門学校 義肢装具学科(~2009年)
・西武学園医学技術専門学校 義肢装具学科(~2009年)
・彰栄リハビリテーション専門学校 作業療法学科 (~2009年)
社会的活動日本義肢装具士協会編集委員
日本義肢装具士協会生涯学習委員
日本義肢装具学会編集員
空飛ぶ車いすプロジェクト Flying Wheel Chair Supporters

このページの先頭へ戻る