スマートフォンサイトを見る

救急救命学科

卒業後の進路

消防機関、陸・海・空自衛隊をはじめ、幅広いフィールドが就職先に

プレホスピタルケア(病院前救急救命)を担うスペシャリストとして、“あらゆる救急の場面”で、その知識や技術を発揮できる救急救命士は、消防機関をはじめ、自衛隊や海上保安庁、警察、医療機関、民間企業など幅広いフィールドで活躍することが期待されます。

活躍の場

想定される進路

消防機関/陸・海・空自衛隊/海上保安庁 /警察 /民間救急事業所/医療機関(救命救急センター、救急病院など) /民間企業(複合施設、警備保障会社など) 等

消防機関では・・・
消防吏員として、各地の消防本部(局)で勤務します。その中でも救急隊は、119番通報による救急要請に対応します。傷病者の状態を観察し、容態を判断すると共に、必要な応急処置、管理を行いながら適切な医療機関に搬送します。

陸・海・空自衛隊では・・・
自衛官として、陸・海・空の自衛隊基地(駐屯地)で勤務します。衛生科隊員として基地内などの救急救命活動に従事するほか、災害派遣などの対応を行います。また、配属先によっては特殊な救急救命活動に従事することもあります。

医療機関(救命救急センター・救急病院など)では・・・
医療機関(救命救急センターや救急病院など)に勤務し、救急要請や救急搬送などの対応を行います。勤務先によって、業務内容は様々で、ドクターヘリやドクターカーなどの運用に従事することもあります。

民間救急事業所では・・・
救急出動の増加などに伴い、民間救急事業所は全国各地に存在しています。自宅や病院などから自力では移動できない方を、搬送車を使用して対象者の容態管理をしながら目的地へと搬送します。業務内容は各事業所によって様々です。

このページの先頭へ戻る