スマートフォンサイトを見る

救急救命学科

トピックス

充実した教育環境

イメージ写真 救急要請の多くが自宅などの住居内で発生します。そこで、実習棟内には2LDKタイプの住居スペースを4つ設置し、リアルな状況でシミュレーション教育を行います。また、効率良く多くの教育機会を提供できるよう、救急活動で使用する様々な医療器材を豊富に揃えています。さらに、交通事故を想定したシミュレーションでは、自動車(実車)を使用して車内からの救助の方法などを実践的に学ぶことができます。
こうした国内最高クラスの学習環境で高度な知識と実践的な技術を併せ持った救急救命士を育成します。

このページの先頭へ戻る