スマートフォンサイトを見る

臨床技術学科

在学生メッセージ

轟 香奈絵写真 3年生 轟 香奈絵 山形県出身

私が臨床検査技師を目指した理由!
中学生の時から将来は医療関係の仕事がしたいと考えていましたが、具体的に何をしたいというのは決まらないまま高校に入学しました。高校2年のときに体調を崩し、検査と治療を目的に病院に行くことが増えました。その時に色んな検査があること、そしてそのほとんどを臨床検査技師が行っていることを知り、もっと知りたいと思うようになりました。治療を始めるには検査が大事であり、その検査をする臨床検査技師にとても魅力を感じました。臨床検査技師について調べる中で、あまり知らないという人が多いことも分かりました。今では、誰もが病院で検査を受ける時にお世話になる臨床検査技師をもっと知りたい、皆さんにももっと知ってほしいという思いもあります。

Q&A

Q本学科を選んだ理由はなんですか?

私が本学の臨床技術学科を選んだ理由は、臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスの取得が目指せるからです。検査のこと医療機器や医療機器を用いた治療のことを同時に学べることにとても魅力を感じました。入学してそれぞれの専門分野を学ぶようになり検査と治療の両方の知識があるからこそ理解度もあがり、勉強への意欲も高まりました。顕微鏡が一人一つあったり、人工呼吸器や人工心肺装置など数多くの医療機器があったりと実際に見て触れて実習を行うことができるので、とても分かりやすくイメージしやすいです。先生方もとても親身になって教えてくださいますし、楽しい先生方ばかりです。

Q履修した授業について教えてください!

「生体機能代行装置学実習」
生体機能代行装置学実習では、透析装置や人工呼吸器、人工心肺装置などに触れ、実際に操作してみることができます。人に対して行うことはできませんが、回路を組んだり、設定をして動かしてみたりと実際をイメージすることができる実習です。また、病院で失敗することはできませんが実習ではたくさん触れてたくさん試して、時には失敗をしたりして頭ではなく体で学ぶことができます。この授業は、4年次の臨床実習や就職してからも触れた回数だけ身になり役立つと思っています。先生方は「こんな時どうする?」と実際の現場でありえそうな事象を例に挙げて解決策や予防策などの対処法も教えてくれます。そして質問に答えられたり、操作ができるようになったりすると大きな自信へと繋がります。

Q将来の夢や目標について教えてください!

将来は、臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスを活かし、臨床技術者として様々な場所で活躍していきたいと思っています。検査の知識があれば工学の仕事の時でも検査値をすぐに判断することができるので、迅速に治療に移ることがことができるなど、それぞれの知識を活かせばできることはどんどん広がっていくと思います。このように、患者様を第一に考え、迅速に動ける臨床技術者として活躍したいです。

Qオープンキャンパスの見るべきポイントを教えてください!

オープンキャンパスに参加することで、実際の大学の雰囲気や先輩たちの話から授業の様子、大学の良さを知ることができます。私が参加した時は、学科ごとにブースが設置されていて医療機器などを使って体験できたり、先輩がたくさんの質問に答えてくれました。どんなものを使って授業しているのかを見る良い機会だと思います。そしてぜひ先輩たちに気になることをどんどん質問してみてください!

  MON TUE WED THU FRI
1限 生体機能
代行装置学Ⅰ
臨床生理学実習Ⅰ 臨床生理学実習II 薬理学 臨床血液学II
2限 臨床生理学Ⅰ 医用機器
安全管理学
3限 医用機器
安全管理学
臨床免疫学
実習Ⅰ
  微生物学 臨床血液学
実習Ⅰ
4限 臨床免疫学Ⅰ  
5限      

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る