スマートフォンサイトを見る

臨床技術学科

教員紹介

浅井 孝夫写真

医療技術学部/臨床技術学科

浅井 孝夫
Takao Asai
講師

プロフィール

担当科目生物学の基礎Ⅰ、生物学の基礎Ⅱ、生化学Ⅰ、生化学Ⅱ、生化学実習、検査技術実習、情報科学概論、材料工学、基礎ゼミ、連携基礎ゼミ、卒業研究
専門分野生物学、情報科学、生体材料工学、教育工学
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/新潟大学/2014年
資格遺伝子分析科学認定士、基本情報技術者、潜水士
最終出身校新潟大学
過去の経歴京都保健衛生専門学校、北里大学保健衛生専門学院を経て現職
所属団体・学会等日本バイオマテリアル学会、日本遺伝子診療学会、日本教育工学会

業績等

研究領域がんの分子遺伝疫学研究
研究紹介国内外における胆嚢がん発生に関連する遺伝因子の解析
著書中村藤夫,石田等,浅井孝夫ほか、第2種ME技術実力検定試験重要問題集中トレーニング、1版、メジカルビュー社、2014、189-200
中村藤夫,浅井孝夫ほか、第2種ME技術実力検定試験 マスター・ノート、1版、メジカルビュー社、2014、281-301
福長一義,浅井孝夫ほか、臨床工学技士ポケット・レビュー帳、1版、メジカルビュー社、2015、98-105
中村藤夫、石田等、浅井孝夫ほか、第2種ME技術実力検定試験必勝ポイント帳、1版、メジカルビュー社、2016、112-118
浅井孝夫 ほか、一般社団法人 日本臨床工学技士教育施設協議会編、第29回 臨床工学技士国家試験問題解説集、1版、へるす出版、2016、58-65
受賞歴平成24年10月,第12回新潟医療福祉学会学術集会,会頭賞受賞
研究論文Takao Asai, Yasuo Tsuchiya, Kiyoshi Okano, Alejandro Piscoya, Carlos Yoshito Nishi, Kikuo Ikegami, Tomizo Oyama, Toshikazu Ikoma and Masaharu Yamamoto, "Aflatoxins contamination of red chili pepper from Bolivia and Peru in a population with high gallbladder cancer incidence rate", Asian Pac J Cancer Prev, 13(10), 5167-70 (2012)
Dick Y. Teshima, Yasuo Tsuchiya, Takao Asai, Kikuo Ikegami, "Globalization: Medical laboratory science student exchange between Hawaii and Japan", ASCLS Today, April, 9-11 (2013)
Takao Asai, Ernesto Loza, Guido Villa-Gómez Roig, Yoichi Ajioka, Yasuo Tsuchiya, Masaharu Yamamoto, Kazutoshi Nakamura, "High frequency of TP53 but not K-ras gene mutations in Bolivian patients with gallbladder cancer", Asian Pac J Cancer Prev, 15(13), 5449-54 (2014)
Toshikazu Ikoma, Yasuo Tsuchiya, Takao Asai, Kiyoshi Okano, Naoko Ito, Kazuo Endoh, Masaharu Yamamoto, Kazutoshi Nakamura, "Ochratoxin A contamination of red chili peppers from Chile, Bolivia and Peru, countries with a high incidence of gallbladder cancer", Asian Pac J Cancer Prev, 16(14), 5987-91 (2015)
Takao Asai, Claudia Còrdova Vidal, Wilma Strauss, Toshikazu Ikoma, Kazuo Endoh, Masaharu Yamamoto, "Effect of Mass Stool Examination and Mass Treatment For Decreasing Intestinal Helminth and Protozoan Infection Rates in Bolivian Children: A Cross-Sectional Study.", PLoS Negl Trop Dis. 2016 Dec 6;10(12):e0005147. doi: 10.1371/journal.pntd.0005147.(2016)
研究業績科研費若手研究(B)「チリ胆嚢がん患者の予後規定因子および本症発生に関与する遺伝要因の解明」2014-2016年度
教育に関する活動一般社団法人 日本臨床工学技士教育施設協議会 広報委員会副委員長,2014年~現在
社会的活動新潟市「自立した市民文化」づくり実証研究事業,新潟市,2014年

このページの先頭へ戻る