スマートフォンサイトを見る

臨床技術学科

教員紹介

三嶋 行雄写真

医療技術学部/臨床技術学科

三嶋 行雄
Yukio Mishima
教授

プロフィール

担当科目化学の基礎、生化学II、生化学実習、薬理学、基礎ゼミ、連携基礎ゼミ
専門分野生化学、分子生物学、ゲノム遺伝学
学位・称号/取得機関/取得年医学博士/徳島大学/1980
資格薬剤師
最終出身校徳島大学大学院医学研究科
過去の経歴財団法人癌研究会癌研究所流動研究員、日本学術振興会奨励研究員、東京大学医学部助手、新潟大学医学部助手、講師、助教授、エール大学医学部留学、新潟大学大学院医歯学総合研究科准教授を経て現職
所属団体・学会等日本生化学会、日本分子生物学会

業績等

研究領域動物細胞の遺伝子発現調節機構とがん抑制遺伝子の機能解析
研究紹介DNAからRNAに転写される遺伝子発現の調節機構に関して、がん抑制遺伝子に着目し、どのような調節制御が行われているのかをマウスや培養細胞を用いて分子レベルで研究。
著書ヒトの分子遺伝学 第4版(村松正實、木南凌監修・分担)メディカル・サイエンス・インターナショナル 2011年、ゲノム 第3版(村松正實、木南凌監訳・分担)メディカル・サイエンス・インターナショナル 2007年、細胞の世界(村松正實、木南凌監訳・分担)西村書店 2005年、 がんの分子生物学 第2版(日合弘、木南凌訳・分担)メディカル・サイエンス・インターナショナル 2014年
研究論文1) A.Sakamaki et al. Bcl11b SWI/SNF-complex subunit modulates intestinal adenoma and regeneration after γ-irradiation through Wnt/β-catenin pathway. Carcinogenesis. 36, 622-631, 2015
2) Y. Katsuragi et al. Bcl11b transcription factor plays a role in the maintenance of the ameloblast-progenitors in mouse adult maxillary incisors. Mechanisms of Development. 130, 482-492, 2013
3) M. Obata, R. Kominami and Y. Mishima. BCL11B tumor suppressor inhibits HDM2 expression in a p53-dependent manner. Cellular Signalling. 24, 1047-1052, 2012
4) K.Kamimura et al. Lack of Bcl11b tumor suppressor results in vulnerability to DNA replication stress and damages. Oncogene. 26, 5840-5850, 2007
5) Y.Wakabayashi et al. Bcl11b is required for differentiation and survival of αβ T lymphocytes. Nature Immunology. 4, 533-539, 2003
6) Y.Mishima, H.Kaizu and R.Kominami. Pairing of DNA fragments containing (GGA:TCC)n repeats and promotion by high mobility group protein 1 and histone H1. J.Biol.Chem. 272, 26578-26584, 1997
7) Y.Mishima and J.A.Steitz. Site-specific crosslinking of 4-thiouridine-modified human tRNA3,Lys to reverse transcriptase from human immunodeficiency virus type I. EMBO J. 14, 2679-2687, 1995
8) Y.Mishima, T.Mitsuma and K.Ogata. Coupled transcription and procssing of mouse ribosomal RNA in a cell- free system. EMBO J. 4, 3879-3886, 1985
9) Y.Mishima t al. In vitro transcription of a cloned mouse ribosomal RNA gene. Nucleic Acids Res. 9, 6773-6785, 1981
10) Y.Mishima, T.Matsui and M.Muramatsu. The mechanism of decrease in nucleolar RNA synthesis by protein synthesis inhibition. J.Biochem. 85, 807-818, 1979
他 53 編
研究業績2013-2014年度 基盤研究(C)(分担)
2011-2013年度 基盤研究(B)(分担)
2010-2012年度 基盤研究(C)(代表)
2006-2009年度 基盤研究(A)(分担)
2005-2010年度 特定領域研究(分担)
2003-2006年度 基盤研究(A)(分担)
2000-2001年度 萌芽的研究(分担)
1999-2001年度 基盤研究(B)(分担)
1998-2000年度 基盤研究(C)(代表)
1997-1998年度 基盤研究(B)(分担)
1990年度 重点領域研究(代表)
1988-1990年度 基盤研究(B)(分担)
1988年度 重点領域研究(代表)
1985-1987年度 基盤研究(B)(代表)
教育に関する活動1983-2015年 新潟大学医学部(生化学第一教室)、新潟大学大学院医歯学総合研究科(遺伝子制御講座、分子生物学教室、生化学第一教室)に所属し、大学院博士課程、修士課程の指導、医学部学生の指導と教育(生化学、生体分物質と代謝、分子生物学、病気と遺伝子の講義と実習担当)に当たった。またこの間、厚生連佐渡看護専門学校の非常勤講師を務めた。

このページの先頭へ戻る