スマートフォンサイトを見る

視機能科学科

在学生メッセージ

堀 大貴写真 3年生 堀 大貴 福島県出身

実践力が身につく視覚機能学実習!
視覚機能学実習は、学生が視能訓練士役・患者様役となり実際の検査機器を使用して様々な検査業務を体験します。こうしたシミュレーション学習を通じて、検査技術だけでなく患者様への説明方法や接し方などのコミュニケーション力を身につけることができます。また患者様役をやることで自分の課題に気づくことも多く、とても勉強になります。将来、患者様の立場を理解したケアを行うための実践力が身につく実習だと感じています!

Q&A

Qどんな視能訓練士になりたい?

本学で様々な専門職との連携を学ぶことで、将来、医療現場で「チーム医療」の一員として活躍できるようになりたいと思っています。また同行援護従業者の資格も同時に取得し、患者様のQOLの向上に貢献できる「視能訓練士」になりたいです。

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけはなんですか?

自分の視力が悪かったため眼について詳しく学びたいと考えていたところ、視能訓練士という眼に関連した職業があるということを知りました。小さいころから医療系の職業に興味があったこともあり、視能訓練士を目指したいと思うようになりました。視能訓練士は、幅広い年齢層の患者様を対象とするため、やりがいのある職業だと思います。また、視能訓練士は検査の他にも訓練やロービジョンケアなどの領域でも活躍できる点に魅力を感じました。

Q本学を選んだ理由はなんですか?

学科を越えた「連携教育」に魅力を感じました。4年間で確かな技術と知識を身につけ、臨床現場で十分通用する視能訓練士になりたいと思っています。講義で他職種との連携が重要な症例を学んだことで、「連携教育」はチーム医療において必ず役立つものであると実感しました。大学では、県内外の様々な人と交流でき、良い刺激になっています。

Qオープンキャンパスの見るべきポイントを教えてください!

オープンキャンパスでは各学科でどんなことを学ぶのかを実際に見たり、体験することができます。学科名だけでは何をするのかイメージが沸かなくても、気になった学科を見にいくことで新しく興味を引くものができたり、意外な発見があるかもしれません。オープンキャンパスは将来の方向性を決めるきっかけ作りになると思います。

Q 『これから本学を目指す高校生』にメッセージを!

本学では、学習支援センターのように学びのサポートが充実しています。個人のニーズに合わせたセミナーなども開催されており、積極的に利用することで学習面での不安はなくなると思います。また、本学科では、熱心な先生方が臨床現場の経験を活かした指導をしてくださいます。疑問に思ったことはどんどん質問して不安をなくしていきましょう。

  MON TUE WED THU FRI
1限     ロービジョン医学演習 視覚機能評価学 視覚機能学実習Ⅳ
2限 視機能学実習Ⅴ  
3限     視機能訓練学II
4限   視覚総合演習Ⅰ    
5限   保健統計学      

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る