スマートフォンサイトを見る

視機能科学科

在学生メッセージ

鈴木 ひかる写真 4年生 鈴木 ひかる 山形県出身

私が本学科を選んだ理由!
私が本学科を選んだ理由は、視機能訓練士の専門知識・技術だけでなく、 他の分野についても学ぶことができるからです。例えば、眼(視覚)に関わる 専門科目以外に、子どもや心理など幅広く学ぶことができるので、様々な知識を吸収することができます。また、本学は他学科の学生とーつのチームを組んで学ぶ連携教育に力を入れており、実際の医療現場で働く際に必要となる 「チーム医療」について学ぶことができることも魅力です。

Q&A

Q視機能科学科の雰囲気を教えて!

本学科の先生方は、分からないことがあれば親身になって教えてくれますし、大学生活で何か不安があれば相談に乗ってくれます。また、学生同士で課題について話し合ったり検査の練習をしたりと、互いに切瑳琢磨しながら将来の目標へ向かって頑張っています!

Q目指している専門職や学ぶ分野を決めたきっかけはなんですか?

私は幼い頃から医療に携わる仕事に興味があり、看護師になりたいと考えていました。受験するにあたり、高校生の時に看護学科の見学がしたいと思い、本学のオープンキャンパスに参加しました。その際、視能訓練士という職種があることを知り興味を持ったのがきっかけです。私は眼科に行ったことがなかったので、眼の病気や見え方について知りたい、病気の方の助けになりたいと思いこの学科に入学することに決めました。視能訓練士という仕事は直接、病気を治すことはできませんが、患者様の一番近くで精神的にも支えることができる素晴らしい仕事だと思います。

Q本学で印象に残っている施設はなんですか?

「学習支援センター“ウェルカフェ”」
私が特に魅力的だと思う本学の施設は、「学習支援センター“ウェルカフェ”」です。ウェルカフェでは、基礎科目である「数学」「生物」「科学」「日本語表現」について個別に補習ができます。専門科目を理解するためにはまず、基礎科目をしっかり理解することが大切です。決められた範囲内であれば、自分の好きな時間に予約できるので、基礎科目に不安や苦手がある人に空いている時間を有効活用して基礎科目を復習することができます。また、基礎科目以外の科目について相談することで個別に補習セミナーを行ってくれることもあります。自分の理解度に合わせて補習をしてもらえるので、特に試験勉強の際に利用しています。

Q将来どのような視能訓練士になりたいですか?

視機能科学科の臨床実習では、実際に病院やクリニックに行き患者様に対して、検査訓練などの実習を行います。患者様は、お年寄りや赤ちゃん、車椅子の方や眼が不自由な方など様々です。検査を行う際には、一人ひとりに合った配慮が必要です。臨床実習を通して、様々な患者様への対応の仕方を理解できます。その学びを活かして、どんな時でも臨機応変に対応し、患者様の気持ちを第一に考えられる視能訓練士になりたいです。

Qサークル活動について教えてください!

「ボランティア活動」
私は、レクア・コア部に所属しています。活動としては、小学校での支援など様々あるのですが、特に阿賀野川河川に草むしり、大学祭での出店の活動に力を入れました。事前の準備や人集めなど大変なことばかりでしたが、笑顔や感謝の気持ちにたくさん触れることができ楽しさや達成感を味わうことができました。

Qオープンキャンパスに参加する大切さや楽しさはなんですか?

オープンキャンパスに参加することによって、実際に使用する機器や大学の雰囲気を体験することができます。また先生方や先輩たちに直接質問することができます。そのため、私は受験への不安や大学生活の不安を和らげることができました。資料だけでは分からないことや自分の知りたいことをたくさん質問してみて下さい。オープンキャンパスに参加した際には、先生方や先輩たちの様子から大学生活の楽しさを感じていただきたいです。

  MON TUE WED THU FRI
1限 臨床実習、卒業研究、国家試験対策など
2限
3限
4限
5限

※学生の在籍学年は2017年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る