スマートフォンサイトを見る

作業療法学科

在学生メッセージ

中嶋 啓貴 2年生中嶋 啓貴 長野県出身

私が本学を目指した理由
本学を選んだ理由は、国家試験の合格率や就職率が高いことや他職種との連携によるチーム医療を学べることに加え、入学後の先生方や先輩との関係、大学全体の雰囲気が良かったためです。入学後は、実家を離れ不安に思う時期もありましたが、大学での先輩方や同級生との良い人間関係が支えとなって、一人では大変なことも一緒に支えあって乗り越えられる場面がいくつもありました。入学当時の作業療法士を目指す気持ちが、本学の環境や人間関係によりさらに強くなっています。本学に入学してすごく良かったと実感しています。

Q&A

Q作業療法士を目指したきっかけは何ですか?

高校3年生の進路を決める際、看護師をしている父の影響もあり医療職種に興味を持ち始めたことがきっかけです。それからオープンキャンパスに参加したり、高校の先生や医療系の学校へ進学した先輩の話を聞いたりするうちに、作業療法士を目指したいと思うようになりました。作業療法は、からだの回復だけでなく、こころの回復や小児や高齢者といった領域にまで活躍の場が広がっています。それぞれの働く場所によって患者様への対応が様々で日々勉強していかなくてはなりません。その積み重ねが様々なケースに対応できる力となり、大きなやりがいへと繋がっていきます。これが作業療法の魅力だと思います。

Q特に印象に残っている授業を教えてください!

「身体障害作業療法評価学実習」
「身体障害作業療法評価学実習」は、身体障害領域における作業療法評価を実施するために、各検査の基本的な知識・技術を学ぶ科目です。2人1組のペアとなり、腕や脚、体幹の関節がどのくらい動くかを計測する「関節可動域(ROM)測定」や、人体の主要な筋力を判定する「徒手筋力検査(MMT)」といった検査を練習します。1年生で履修する「解剖学」や「運動学」といった基礎科目と呼ばれる科目の知識を必要とし、実際に人体を触って関節の動きや筋肉の動きを診ることで、さらにその理解を深めることができます。将来、患者様を相手にする場面をイメージして意欲的に取り組むことができる科目です。

Q作業療法学科の施設・設備について教えてください!

「ADL実習室」
「ADL実習室」のADLとは"Activties of Daily Living" の略称で、「日常生活活動」という意味です。名前の通りこの部屋には、日常生活の中で行う活動(浴室、トイレ、階段、キッチンなど)のシミュレーターがあり、対象者の各活動の訓練の仕方を学ぶことができます。シミュレーターは電動で高さを変更することもでき、様々な条件の対象者を想定して行うことができます。授業では、対象者にどのように手助けすれば階段を昇りやすいのか?トイレを楽に済ませることができるのか?など、日常生活の中の様々な場面での対応の仕方を試行錯誤しながら最善の方法を考えました。

Q今後の目標や将来の夢について教えてください!

本学科で専門的な知識・技術を身につけていく中で医療人になることの心構えを持ち、国家試験に合格することです。そのためにも特に実習では、実際の患者様に作業療法を行う中で多くのことを学びたいと思っています。また、大学卒業後は様々な患者様に柔軟な考え方を持って対応して新しい可能性を探し、作業療法士としての幅を広げていけるような働きをしたいと思っています。作業療法士として学び続けていく中で様々な経験を糧に、やりがいを感じながら働いていきたいと思っています。

Qどんなクラブ・サークル活動をしていますか?

「レクア・コム部」
レクア・コム部で活動しています。レクア・コム部は、市内の小学校や介護施設へ訪問し、ボランティアを通じて子供や高齢者、障害を持った方、地域の方々などと幅広く交流できる部活です。人の役に立つことをしたい、たくさんの人と交流したい、コミュニケーション力をつけたいと思っている人は、この部活に入れば人の役に立てることにやりがいを感じられるし、将来作業療法士になるために必要なコミュニケーション力が身につくと思います。

Qオープンキャンパスに参加する高校生にメッセージをお願いします!

私は本学のオープンキャンパスで、友人に付き添い当時第一希望として考えていた学科とは違う作業療法学科を見に行きました。そこで作業療法の雰囲気や面白さを感じ、それをきっかけに興味を持ち入学しました。目指す学科がある方もそうでない方も、オープンキャンパスに参加することで様々な発見があると思います。各学科の色を見ることができて面白いので、ぜひオープンキャンパスに参加してみてください!

  MON TUE WED THU FRI
1限         小児科学
2限   公衆衛生学   運動学 精神医学
3限   スポーツ・実践     生理学実習II
4限   身体障害
作業療法評価学
人間発達学 整形外科学Ⅰ
5限 リハビリテーション
医学
  内科学Ⅰ  

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る