スマートフォンサイトを見る

作業療法学科

教員紹介

外川 佑写真

医療技術学部/作業療法学科

外川 佑
Tasuku Sotokawa
助教

プロフィール

担当科目基礎作業学実習、身体障害作業療法評価学、身体障害作業療法評価学実習Ⅰ・Ⅱ、日常生活活動学実習Ⅰ、環境調整福祉機器学、研究方法論、卒業研究
専門分野身体障害作業療法
学位・称号/取得機関/取得年修士(保健医療学)/山形県立保健医療大学/2008年
資格作業療法士
最終出身校山形県立保健医療大学 大学院 保健医療学研究科 保健医療学専攻 作業療法分野
過去の経歴臨床神経生理学会、山形ヘルスサポート協会、山形県作業療法士会に在籍。
尾花沢病院、新潟リハビリテーション病院を経て現職。
所属団体・学会等日本作業療法士協会、新潟県作業療法士会、日本交通科学学会、交通心理学会、日本リハビリテーション工学協会、日本神経心理学会、自動車技術会

業績等

研究領域脳損傷者の自動車運転再開に向けた評価・支援に関する研究、高齢ドライバーの安全認識への介入に関する研究
研究紹介高齢ドライバーの運転の安全性向上のために、どのような取り組みが必要なのか?脳卒中や頭部外傷によって心身に障害を抱えている対象者が自動車運転の再開を希望したら、どのように対応したらよいのか?社会復帰を果たすためにはどのように評価・支援・訓練したらよいのかについて研究しています。
研究論文1)Tasuku Sotokawa et al: Driving Evaluation of Mild Unilateral Spatial Neglect Patients-Three High-Risk Cases Undetected by BIT After Recovery. HCI 5, 253-261, 2015.
2)外川 佑, 他: 軽度半側無視症例を対象とした危険運転予測評価システムの開発・検証と運転行動の分析. 平成27年度(中間報告)タカタ財団助成研究論文, 2015.
3) 外川 佑, 他: 運転再開支援後の運転状況と支援体制の課題について. 新潟県作業療法士会学術誌, 第8巻: 41-45, 2014.
4) 外川 佑, 他: 新潟リハビリテーション病院における自動車運転再開プログラム実施者の臨時適性検査受検率の変化と年間交
通事故率に関する一考察. 日本交通科学学会誌, 第13巻2号: 3-9, 2014.
5) Naganuma M, Sotokawa T et al. :Changes of wrist motion range by changing forearm position in normal men. Structure&Function, Vol13, no. 1, 8-16, 2014.
6) Sotkawa T et al. : Changes of wristbending force changing forearm position in men. Structure&Function, Vol13, no. 1, 2-7, 2014.
7) 外川 佑, 他: 脳損傷者の運転再開後の運転状況・不安・危険経験の関係についてー質問紙調査を用いてー. 作業療法ジャーナル, Vol48, no. 11, 1173-1189, 2014
8) 外川 佑, 他: 自動車運転再開プログラムにおける神経心理学的判断基準の検討. 総合リハビリテーション, 41: 373-378, 2013.
9) 外川 佑: 自動車運転再開者における臨時適性検査の受検率について.交通科学研究資料, 54: 109-111, 2013.
研究業績競争的外部資金の獲得
2007年度 山形ヘルスサポート協会研究助成金
2015年度 タカタ財団研究助成金(代表)
2015-2018年度 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)(代表)
社会的活動日本作業療法学会 演題審査委員
日本語版Stroke Driver's Screening Assessment 作成委員
とよさか中高年教養大学「健康長寿学」講師
「運転と作業療法研究会」 世話人
富山県作業療法士会基礎医学研修 (富山) 講師2016
北海道千歳リハビリテーション学院 卒後支援講習会(札幌)講師 2014
第3回訪問リハビリテーション実務者研修会(新潟)講師 2013
第1回 障害と自動車運転に関する研究会(新潟) 講師 2013
第8回リスク認知システム研究会(東京) 講師 2013
平成24年度 高次脳機能機能障害リハビリテーション講習会(新潟) 講師 2012
第11回新潟医療福祉学会学術集会 シンポジウム シンポジスト 2011
「障害と自動車運転に関する研究会」(新潟) 世話人
リハビリ向け運転能力評価サポートソフト活用に関する意見交換会(東京) 講師 2013

このページの先頭へ戻る