スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

在学生メッセージ

渡部 朱織写真 2年生 渡部 朱織 福島県出身

ためになって面白い!理学療法基礎評価学!
理学療法基礎評価学は、理学療法で必要な検査・測定の方法を学び、友人とペアを組んで実際にお互いの評価を行います。腕や脚などの感覚の検査をしたり、関節可動域を調べるための測定などを行います。また、患者様に対する態度や身だしなみについてもしっかり学べます。1年次に学んだ基礎知識を確認し、それを発展・応用しながら学んでいくため、日々成長していることを実感できるのがとても面白いです。

Q&A

Qよく利用する実習室は?

運動療法実習室です。検査台が約90台ある広い実習室なので大人数で使用することができます。そのため、友人グループで実技の確認や練習をするなど、授業以外にも予習や復習の場としてよく利用しています。また、試験前には休日も開放してくれるので多くの学生が利用しています。

Q理学療法士を目指したきっかけはなんですか?

私は高校生の時に運動部のマネージャーをしていたことや、家族が怪我をして大変な思いをしているところをみて、少しでも家族や選手の力になりたいと思うようになりました。そんな時、病院で家族が理学療法士にお世話になり、一人ひとりに寄り添ったリハビリをしている理学療法士の仕事に魅力を感じました。そして私もこんな風に怪我や病気などで身体に障害がある人に対して治療をしたいと思い、理学療法士を目指すことに決めました。

Q本学を選んだ理由について教えてください!

教員の数が多く丁寧な指導・サポートをしてくださることや、様々な領域の理学療法を学べることから本学を選びました。実際に入学してみると思ったより教員と学生の距離が近く、気軽に質問したり先生の面白い話が聞けたりするので楽しく過ごしています。実技の授業は少人数で行うので一人ひとり丁寧に教えてもらえて分かりやすいです。もし分からないことがあっても、分かるまで親身になって教えてくれるので苦手な科目の勉強も頑張ることができます。また、スポーツリハビリ・内部障害・神経系など幅広い分野の理学療法を学べることも魅力です。たくさんの現場で働いてきた先生方の指導はとても熱心で、授業を受けているうちに興味や関心がどんどん湧いてきます。

Q今後の目標や将来の夢について教えてください!

私は患者様一人ひとりに合った最適なリハビリができ、信頼・安心して任せてもらえるような理学療法士になりたいと思っています。本学ではリハビリに必要な知識や技術の習得はもちろんですが、他職種との連携を学ぶためにたくさんの人と接し、コミュニケーションを取っていきたいです。また、患者様の話をよく聞いて気持ちに寄り添うために、日頃から丁寧な言葉使いを意識して相手の気持ちに配慮できる理学療法士になりたいと思います。理学療法を通して患者様やその家族を笑顔にできるように日々勉学にはげみたいです。

Qオープンキャンパスに参加する高校生にメッセージをお願いします!

オープンキャンパスではパンフレットだけでは分からない大学の雰囲気や施設のすごさを肌で感じることができます。体験コーナーでは、各学科が工夫して楽しい体験ができるようになっています。どのような教科書を使ってどんな勉強をするのか、どういう先生方がいるのか、少しでも気になったら、ぜひ気軽に見に来てください。

Q本学を目指す高校生にメッセージをお願いします!

私は入学する前は不安でいっぱいでしたが今では大学生活がとても楽しく、本学に入学して良かった感じています。勉強や生活面で困ったことがあっても先生方や友達が助けてくれたり、みんなで協力しあったりするところが本学科の魅力だと思います。勉強は大変だと思いますが、自分に自信をもって頑張ってください。

  MON TUE WED THU FRI
1限          
2限   公衆衛生学   運動学 精神医学
3限 理学療法
基礎評価学II
      生理学実習Ⅱ
4限   内科学I 整形外科学I
5限 リハビリテーション医学     理学療法基礎ゼミ

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

このページの先頭へ戻る