スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

濵上 陽平写真

医療技術学部/理学療法学科

濵上 陽平
Yohei Hamaue
助教

プロフィール

専門分野理学療法学,基礎理学療法学,疼痛学
学位・称号/取得機関/取得年博士(医学)/長崎大学/2015年
資格理学療法士
からだ・運動器の痛み専門医療者(認定NPO法人いたみ医学研究情報センター)
最終出身校長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科
過去の経歴社会福祉法人十善会病院を経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士協会,日本疼痛学会,日本運動器疼痛学会,日本ペインリハビリテーション学会

業績等

研究領域慢性痛のメカニズムの解明と治療戦略の開発
研究紹介ケガが治癒しても痛みはよくならず,長期間耐え難い痛みに苦しむ患者さんは数多く存在します。このような痛みは“慢性痛”と呼ばれ,その原因は未だ十分に解明されておらず,治療法も確立されていません。私は動物を用いた基礎研究を中心に,この“慢性痛”のメカニズムの解明と治療法の開発を目的に研究をしています。
受賞歴1.優秀賞,第18回日本ペインリハビリテーション学会,2013
研究論文1. 濵上陽平,中野治郎,坂本淳哉, 沖田 実. 不活動に伴う痛みの発生メカニズムとその治療戦略に関する検討―ラットの実験モデルに対する振動刺激の効果―:日本基礎理学療法学雑誌20巻2号, 2017.
2. 濵上陽平,中野治郎,坂本淳哉, 沖田 実. 痛みの末梢機構の再考: PAIN REHABILITATION 第7巻1号: 8-15, 2017.
3. 沖田 実,片岡英樹,濵上陽平,中野治郎,坂本淳哉. 不活動性疼痛に対するリハビリテーション戦略: 最新医学72巻1号: 106-109, 2017
4. Nakabayashi K, Sakamoto J, Kataoka H, Kondo Y, Hamaue Y, Honda Y, Nakano J, Okita M: Effect of continuous passive motion initiated after the onset of arthritis on inflammation and secondary hyperalgesia in rats. Physiol Res. 2016.
5. Hamaue Y, Nakano J, Sekino Y, Chuganji S, Sakamoto J, Yoshimura T, Okita M, Origuchi T: Effects of vibration therapy on immobilization-induced hypersensitivity in rats. Phys Ther 95: 1015-1026, 2015.
6. Chuganji S, Nakano J, Sekino Y, Hamaue Y, Sakamoto J, Okita M: Hyperalgesia in an immobilized rat hindlimb: Effect of treadmill exercise using non-immobilized limbs. Neurosci Lett 584: 66-70, 2015.
7. Sekino Y, Nakano J, Hamaue Y, Chuganji S, Sakamoto J, Yoshimura T, Origuchi T, Okita M: Sensory hyperinnervation and increase in NGF, TRPV1, and P2X3 expression in the epidermis following cast immobilization in rats. Eur J Pain 18: 639-648, 2014.
8. 沖田 実,関野有紀,濵上陽平,大賀智史,寺中 香,中野治郎,坂本淳哉. 廃用と痛み: MB Med Reha 177: 47-53, 2014.
9. Hamaue Y, Nakano J, Sekino Y, Chuganji S, Sakamoto J, Yoshimura T, Origuchi T, Okita M: Immobilization-induced hypersensitivity associated with spinal cord sensitization during cast immobilization and after cast removal in rats. J Physiol Sci 63: 401-408, 2013.
10. 関野有紀,濵上陽平,中野治郞,沖田 実:不動に伴う痛みと皮膚の組織学的変化の経時的推移. 日本運動器疼痛学会誌 5: 139-143, 2013.
11. Tanaka Y, Nakano J, Hamaue Y, Sekino Y, Sakamoto J, Kataoka H, Okita M: Hindlimb suspension does not influence mechanical sensitivity, epidermal thickness, and peripheral nerve density in the glabrous skin of the rat hind paw. Physiol Res 62: 119-123, 2013.
12. 沖田 実,中野治郎,関野有紀,濵上陽平:ペイン・リハビリテーションー不活動と痛みー. Practice of Pain Management 4巻2号: 18-22, 2013
13. 関野有紀,濵上陽平,中野治郎,沖田 実:不動に伴う痛みと皮膚の組織学的変化の経時的推移. 日本運動器疼痛学会誌5巻2号: 139-143, 2013.
14. Nakano J, Sekino Y, Hamaue Y, Sakamoto J, Yoshimura T, Origuchi T, Okita M: Changes in hind paw epidermal thickness, peripheral nerve distribution and mechanical sensitivity after immobilization in rats. Physiol Res 61: 643-647, 2012.
15. 関野有紀, 濵上陽平, 中野治郎, 沖田 実:ラット足関節不動モデルの痛みと皮膚における組織学的変化. 日本運動器疼痛学会誌 4: 20-27, 2012.
16. 沖田 実,中野治郎,坂本淳哉,森本陽介,近藤康隆,濵上陽平:慢性痛の末梢機構. 日本基礎理学療法学雑誌
14巻2号: 7-13, 2011.
17. 沖田 実,中野治郎,坂本淳哉,横山真吾,近藤康隆,本田祐一郎,濵上陽平:痛みと拘縮-骨格筋の変化からみた拘縮の病態-. 日本運動器疼痛研究会誌2巻1号: 31-38, 2010.
研究業績1.平成27-28年度:不動由来の痛みに対するリハビリテーションの治療戦略開発に向けた研究(文部科学省・研究活動スタート支援,代表)
社会的活動日本ペインリハビリテーション学会代議員

このページの先頭へ戻る