スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

伊藤 渉写真

医療技術学部/理学療法学科

伊藤 渉
Wataru Ito
助教

プロフィール

担当科目筋骨格系理学療法学、スポーツ障害理学療法学
専門分野スポーツ理学療法、アスリートサポート
学位・称号/取得機関/取得年博士(体育学)/鹿屋体育大学/2016
資格理学療法士、日本体育協会公認アスレティックトレーナー
最終出身校鹿屋体育大学
過去の経歴横浜市スポーツ医科学センター、八王子スポーツ整形外科を経て現職
所属団体・学会等体力医学会、臨床スポーツ医学会、スポーツ選手のためリハビリテーション研究会、European College of Sport Science、日本理学療法士協会

業績等

研究領域スポーツ障害予防、スポーツにおける外傷・障害調査、動作解析
研究紹介スポーツ選手のけがを防ぐための研究を進めています。
①どのようなけがが発生するのか
②どのようにしてけがが起きるのか
③どうやってけがを防ぐのか
について本大学の強化指定クラブのサポートを通して探究する。
著書川崎渉: 肘関節脱臼の疫学および受傷機転. 福林徹, 蒲田和芳(監修) Sports Physical Therapy Seminar Series (5) スポーツにおける肘関節疾患のメカニズムとリハビリテーション. P91-98, 2011. ナップ.
川崎渉: OKCトレーニングの安全性と実施時期. 福林徹, 蒲田和芳(監修) Sports Physical Therapy Seminar Series (6) ACL再建術前後のリハビリテ-ションの科学. P143-150, 2011 . ナップ.
伊藤渉: 骨盤輪の解剖・運動学. 福林徹, 蒲田和芳(監修) Sports Physical Therapy Seminar Series (8)骨盤・股関節・鼠径部のスポーツ疾患治療の科学的基礎. P3-12, 2013. ナップ.
伊藤渉: 膝前十字靭帯(ACL)損傷の発生メカニズムと予防エクササイズ. 西薗秀嗣, 加賀谷善教(編集) ケガをさせないエクササイズの科学―トレーニングから運動療法まで. 2015年3月. 大修館.
研究論文加賀谷善教, 川崎渉ほか: 二次元画像で算出したKnee in distanceおよびHip out distanceの妥当性. 体力科学. Vol. 59, 407-414. 2010.
川崎渉, 加賀谷善教, 関屋曻: 片脚着地における膝外反と股関節外転筋筋活動の関係. Journal of Athletic Rehabilitation. No.7, 23-28, 2011.
伊藤渉, 高橋佐江子, 奥脇透, 川原貴: 男子高校生ラグビー選手における膝前十字靭帯損傷の受傷機転に関する大規模調査. 日本臨床スポーツ医学会誌. Vol. 23, No. 3, 467-471. 2015.
伊藤渉, 加賀谷善教, 川原貴. 片脚ホップ動作の方向による膝外反角度の違い. 日本臨床スポーツ医学会誌. Vol. 24, No. 1, 29-35. 2016.
社会的活動新潟県ラグビーフットボール協会メディカル委員
ラグビーU19/U20/ジュニアジャパン日本代表トレーナー(2013-2014)

このページの先頭へ戻る