スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

神田 賢写真

医療技術学部/理学療法学科

神田 賢
Masaru Kanda
助教

プロフィール

担当科目臨床実習Ⅲ、徒手理学療法学、理学療法基礎評価学Ⅰ
専門分野腰痛、頚部痛、徒手療法(Folsom Physical Therapy Orthopedic Manual Therapy Educational System)
学位・称号/取得機関/取得年修士(Physical Therapy)California State University, Fresno/2005年
資格理学療法士, Physical Therapist (CA)
過去の経歴San Joaquin Valley Rehabilitation、Physical Therapy Dynamics、整形外科しまがきクリニックを経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士協会、新潟医療福祉学会、日本運動器疼痛学会

業績等

研究領域頚部痛・肩凝りに関しての理学療法・運動療法、腰痛に対しての理学療法・運動療法
研究紹介腰痛や頚部痛・肩凝りの原因を分析し、適切な徒手的治療、運動療法を研究する。腰痛患者に関しての筋機能や運動療法の効果を分析し、機能改善へ適切な徒手的治療、運動療法を研究する。
研究論文脊椎変形や身体機能低下している高齢者への腰部筋持久力テストの検討.第9回日本運動器疼痛学会(2016)
腰部筋持久力テスト.第25回新潟理学療法士学会(2016)
慢性腰痛を有する成人期脊柱変形者に対する介入効果.第9回日本運動器疼痛学会(2016)
ポールウォーキングを取り入れたロコモ予防運動の介入効果―第2報―.第9回運動器疼痛学会(2016)
腰痛で困っているあなたのための腰痛手帳~改善から予防まで~(第2版)(2016)
大学バレーボール選手における背筋群の安静時および動作時筋厚左右差について.第25回新潟理学療法士学会(2016)
Verification of Effects related to Improvement in Blood Flow as a Result of the Myotuning Approach. Journal of Myotuning Approach (2016)
教育に関する活動アシスタントインストラクター(Folsom Physical Therapy Orthopedic Manual Therapy Educational System)
特別講演「Rehabilitation in Japan and America」 新潟リハビリテーション大学学術委員会主催 (2015)
「腰椎病態への徒手療法」講習開催.(2015)Folsom OMT Courseの一つとして行われた理学療法士への1日コースに講師として講義
「上位頚椎病態への徒手療法」講習開催.(2013)Folsom OMT Courseの一つとして行われた理学療法士への2日間コースに講師として講義

このページの先頭へ戻る