スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

宮口 翔太写真

医療技術学部/理学療法学科

宮口 翔太
Shota Miyaguchi
助教

プロフィール

担当科目基礎運動学、日常生活活動学、臨床実習Ⅰ
専門分野理学療法学、神経生理学
学位・称号/取得機関/取得年 博士(保健学)/新潟医療福祉大学大学院/2017年
資格理学療法士
最終出身校新潟医療福祉大学大学院
所属団体・学会等日本理学療法士協会、日本臨床神経生理学会、日本基礎理学療法学会、日本股関節学会

業績等

研究領域運動に関する神経生理学的研究
研究紹介反復的な運動練習や電気刺激の介入によってヒトの大脳皮質活動および運動遂行能力がどのように変化するのかを神経生理学的側面から研究しています。
受賞歴平成27年度「理学療法学 第7回学術誌優秀論文賞 優秀賞」
研究論文<国際誌>
1.Shota Miyaguchi, Hideaki Onishi, Sho Kojima, Kazuhiro Sugawara, Atsuhiro Tsubaki, Hikari Kirimoto, Hiroyuki Tamaki, Noriaki Yamamoto : Corticomotor excitability induced by anodal transcranial direct current stimulation with and without non-exhaustive movement. Brain Research. 1529:83-91. 2013
2.Shota Miyaguchi, Sho Kojima, Hikari Kirimoto, Hiroyuki Tamaki, Hideaki Onishi. Do differences in levels, types, and duration of muscle contraction have an effect on the degree of post-exercise depression? Frontiers in Human Neuroscience. 10: 159. 2016.
<国内誌>
1.宮口翔太,大西秀明,小島 翔,菅原和広,桐本 光,田巻弘之,山本智章.経頭蓋直流電流刺激の効果的な介入方法の検討-電極貼付部位および電流強度の影響-.理学療法学. Vol.42. No.3. 213-219. 2015.

このページの先頭へ戻る