スマートフォンサイトを見る

理学療法学科

教員紹介

高林 知也写真

医療技術学部/理学療法学科

高林 知也
Tomoya Takabayashi
助教

プロフィール

担当科目統計学、日常生活活動学、臨床実習Ⅰ
専門分野バイオメカニクス
学位・称号/取得機関/取得年博士(保健学)/新潟医療福祉大学/2017年
資格理学療法士
最終出身校新潟医療福祉大学大学院
過去の経歴ゆきよしクリニックを経て現職
所属団体・学会等日本理学療法士協会、日本臨床スポーツ医学会、日本人間工学会,JOSKAS,新潟スポーツ理学療法研究会,全国大学理学療法学教育学会、日本基礎理学療法学会

業績等

研究領域スポーツ障害に関する研究
研究紹介バイオメカニクスとは,ヒトの身体運動を評価・分析する学問領域となります.これまでの研究としては,膝関節の圧迫力や前十字靭帯張力の推定を行っていました.現在は足部に焦点をあて,ランニング中における足部内の詳細な動きを検証し,ランニング障害発生メカニズムを解明しようとしています.
受賞歴・第12回新潟医療福祉学会奨励賞(2012)
・第4回日本基礎理学療法学会優秀演題(2014)
・第16回新潟医療福祉学会奨励賞(2016)
研究論文【筆頭国際誌】
1. Takabayashi T, Edama M, Yokoyama E, Kanaya C, Kubo M. Quantifying coordination among rearfoot, midfoot, and forefoot segments during running. Sports Biomechanics. (In-press)
2. Takabayashi T, Edama M, Yokoyama E, Kanaya C, Inai T, Tokunaga Y, Kubo M. Changes in kinematic coupling among the rearfoot, midfoot, and forefoot segments between running and walking. Journal of the American Podiatric Medical Association. (In-press)
3. Takabayashi T,Edama M,Yokoyama E,Inai T,Tokunaga Y,Kubo M. Estimation of bone-on-bone forces at the tibiofemoral joint during forward and backward stair descent. Journal of arthritis. 4 (4): 1-5. 2015.

【筆頭国内誌】
4. 高林知也,江玉睦明,横山絵里花,徳永由太,久保雅義.走行と歩行の動作様式の違いが足部ウィンドラス機構におよぼす影響.バイオメカニズム23.67-73.2016
5. 高林知也,江玉睦明,横山絵里花,金谷知晶,徳永由太,久保雅義.ランニング中における後足部,中足部,前足部の運動連鎖関係の定量化.J Sports Injury.21:7-9.2016.
6. 高林知也,江玉睦明,横山絵里花,金谷知晶,徳永由太,久保雅義.歩行時における後足部,中足部,前足部セグメント間の運動連鎖の定量化.理学療法学新潟.19:19-22.2016.
7. 高林知也,稲井卓真,横山絵里花,江玉睦明, 徳永由太,久保雅義.前向き降段および後ろ向き降段動作における前十字靭帯負荷の推定.日本人間工学雑誌.51 (3):200-206.2015.
8. 高林知也,江玉睦明,稲井卓真,横山絵里花,徳永由太,久保雅義.走行と歩行の動作様式の違いが後足部と中足部間の運動連鎖に与える影響について.日本基礎理学療法学雑誌.10 (2):19-26.2015.
9. 高林知也,久保雅義,徳永由太.筋骨格モデル解析による前向き及び後ろ向き降段時の下肢筋張力の推定.理学療法新潟.17:21-24.2014.
10. 高林知也,久保雅義,徳永由太.筋電図情報を取り入れた最適化手法による階段昇段時の下肢筋張力と関節間力の算出.理学療法科学.28(4): 429-433.2013.

【共同国際誌】
11. Mutsuaki Edama, Ikuo Kageyama, Masatoshi Nakamura, Takanori Kikumoto, Emi Nakamura, Wataru Ito, Tomoya Takabayashi, Takuma Inai, Hideaki Onishi. Anatomical study of the inferior patellar pole and patellar tendon. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. (In-press)
12. Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Yokoyama E, Inai T, Watanabe H, Nashimoto S, Kageyama I. Structure of the Achilles tendon at the insertion on the calcaneal tuberosity. Journal of Anatomy 229 (5): 610-614. 2016.
13. Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Inai T, Watanabe H, Nashimoto S, Kageyama I. Differences in the degree of streaching applied to Achills tendon fibers when the calcaneus is pronated or supinated. The Foot and Ankle Online Journal 9 (3). doi: 0.3827/faoj.2016.0903.0005. 2016.
14. Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Yokoyama E, Inai T, Watanabe H, Nashimoto S, Kageyama I. Anatomical study of toe flexion by flexor halluces longus. Annals of Anatomy. 204: 80-85. 2016.
15. Edama M, Onishi H, Kubo M, Takabayashi T, Yokoyama E, Inai T, Watanabe H, Nashimoto S, Koga Y, Kageyama I. Gender differences of muscle and crural fascia origins in relation to the occurrence of medial tibial stress syndrome. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. (In-press)
16. Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Inai T, Yokoyama E, Watanabe H, Nashimoto S, Kageyama I. The twisted structure of the human Achilles tendon. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. 25 (5): 497-503. 2015.

【共同国内誌】
17. 江玉睦明,久保雅義,大西秀明,高林知也,横山絵里花,稲井卓真,渡辺博史,梨本智史,影山幾男.膝蓋腱発生メカニズムの解剖学的検討.J Sports Injury.21:11-13,2016.
18. 稲井卓真,久保雅義,江玉睦明,高林知也,小熊雄二郎.3次元上の股関節の動きが大腰筋の伸張率に及ぼす影響:数理モデルによる解析.理学療法学.42(5):392-400,2016.
19. 稲井卓真,江玉睦明,高林知也,久保雅義.下肢関節の屈曲拘縮が立位姿勢の関節角度と関節モーメントに及ぼす影響:力学シミュレーションによる解析.65(6):511-520,2016.
20. 江玉睦明,久保雅義,大西秀明,高林知也,横山絵里花,稲井卓真,渡邉博史,梨本智史,影山幾男.アキレス腱の捻れ構造の機能的役割の検討.J. sports Injury,20:20-30.2015.
21. 稲井卓真,江玉睦明,高林知也,徳永由太,久保雅義.足関節部の力の方向が膝関節剪断力に及ぼす影響-数学シミュレーション研究-.理学療法学.42 (5):392-400.2015.
研究業績・平成24年度新潟県理学療法士会研究助成金「階段昇降動作における下肢緊張力の推定」
・平成27年度新潟県理学療法士会研究助成金「歩行動作における足部セグメント間の運動連鎖の定量化」
・平成28年度科学研究費 研究活動スタート支援 「扁平足に起因する膝蓋大腿関節症の発生メカニズム解明に向けた研究」
社会的活動・平成28年第1回基礎理学療法学夏の学校運営委員
・平成28年全国大学理学療法学教育学会運営委員
・平成26年第7回日本保健医療福祉連携学会運営委員

このページの先頭へ戻る