スマートフォンサイトを見る

学部・学科

学部長メッセージ [教育の目的について]

専門分野を究めながら深く連携し、QOLを支える4学部体制。

医療技術学部長 大西秀明 教員詳細情報

医療技術学部は、理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科、義肢装具自立支援学科、臨床技術学科、視機能科学科の6学科から構成されています。多くの学問領域から構成されている特徴を生かした連携教育や学際的な教育研究活動、最新の実験・実習設備や機器、工夫されたカリキュラムなどによって学生の知的好奇心を刺激し、最新の医療技術を駆使する優れたQOLサポーターを育成するとともに、新しい医療技術の開発を目指しています。

理学療法学科作業療法学科言語聴覚学科義肢装具自立支援学科臨床技術学科視機能科学科

健康科学部長 塚本康子 教員詳細情報

健康科学は、ヘルスプロモーションの基本的な考え方である「人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにする」ことを支援しながら、社会全般におけるヘルスプロモーションを積極的に働きかけていくことを大きな目標としています。健康づくりには、看護(生活)、栄養(エネルギー)、運動(活動)をトータルに考え、新たなニーズに対応し展開できる人材が求められています。健康科学部は、高いスペシャリティーと積極的アプローチで新しい価値を生み出す創造力を身につけ、QOLを重視した「健康づくり」を目指します。

健康栄養学科健康スポーツ学科看護学科

社会福祉学部長 丸田秋男 教員詳細情報

子どもたちや女性、障害のある人々や高齢者、貧困や格差に苦しんでいる人々、社会的孤立や不安を抱えている人々にとって理不尽なことは何か、社会で矛盾していることは何かと考えると、人権と社会正義の原理を拠り所とするソーシャルワーク専門職の「目指す姿」を理解することができると思います。社会福祉学部での豊かで深い学びを通して、ディプロマポリシーで掲げている「5つの資質」を身につけ、利用者やクライエントに安心され信頼されるソーシャルワーク専門職を目指しましょう。

社会福祉学科

医療経営管理学部長 福島正巳 教員詳細情報

近年のIT技術の進歩はめざましいものがあり、電子カルテ等に代表されるように医療分野もその例外ではありません。21世紀の医療はIT技術が支えるといっても過言ではなく、医療と情報技術の専門的知識を持った人材もまた不可欠なのです。医療経営管理学部では、1)医療・情報・マネジメントについての「専門知識」とその証である「資格」の取得。2)その資格を活かせる即戦力としての実務能力。3)幅広い教養と豊かな人間性。これら能力を身につけ、チーム医療を推進しQOLサポーターとして活躍できる人材の養成を目指します。

医療情報管理学科

このページの先頭へ戻る