ディプロマポリシー

社会福祉学部の約束-卒業までに身につける5つの資質-

態度

人権と人格を尊重し、人の多様な生き方や個性、自己実現の方法を多角的に理解できる。

知識・理解

社会福祉に関する専門的な知識と人を理解するための幅広い教養を有する。

思考・判断

社会福祉に関する専門的な知識に根ざした思考と判断ができる。

技能・表現

問題解決能力を有し、対象となる個人や集団と良好なコミュニケーションを図り、同僚や保健医療福祉の関連職種・機関と連携することができる。

関心・意欲

福祉社会を構成する諸要素の動向に関心をもち、人々の福祉増進のための課題をとらえることができる。

現代社会が求めるソーシャルワーク専門職とは。

社会福祉学部は、これからの福祉社会の担い手となるソーシャルワーク専門職を育成することを社会的使命としていますが、現代社会が抱える様々な福祉問題は複合化の様相を強め、単に、法制度等に利用者やクライエントを繋ぐだけでは、問題解決ができないことが明らかになってきました。このため、本学部では、利用者やクライエントの真のニーズを的確に捉え、置かれている環境に照らしながら最善の相談援助を行うことのできる専門職の育成に向けて、学生が授業や実習等のカリキュラム以外に地域社会と関わることのできる多くのフィールドを準備しています。このような学部教育を通して、利用者やクライエントの関係に責任をもつことのできる力量を形成した学生は、全国の自治体、市町村社会福祉協議会、相談支援事業者、医療機関、社会福祉施設等の専門分野で活躍し厚い信頼を得ています。

福祉社会の担い手図

このページを閉じる