スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

教員紹介

伊東 正裕写真

社会福祉学部/社会福祉学科

伊東 正裕
Masahiro Ito
教授(特任)

プロフィール

担当科目臨床心理学・精神保健福祉援助演習
専門分野臨床心理学
学位・称号/取得機関/取得年文学士/横浜市立大学/1973年
資格臨床心理士
過去の経歴(東京都心理技術職として)東京都神経科学総合研究所・都立豊島病院神経科・梅ケ丘病院精神科・東京都児童相談センター・生活実習センター・総務局勤労部健康管理課・立川高等保育学院を経て現職。
所属団体・学会等日本精神分析学会、日本心理臨床学会、日本心理劇学会、日本内観学会、日本ヒューマン・ケア心理学会、日本病院・地域精神医学会、新潟医療福祉学会、横浜ロール・プレイング研究会、日本臨床心理士会、東京臨床心理士会 など

業績等

研究領域保健・医療・福祉における心理援助
心理劇(ロール・プレイング)による人間理解
自治体職員のメンタルヘルス
研究紹介心理劇(ロール・プレイング)について理論的および実践的に研究し、人間の心の理解を深めることを目指しています。
実践面では児童養護施設の子どもの心の理解や支援の仕方の検討を、ロール・プレイングを用いて継続的に行なっています。
また自治体職員のメンタルヘルス相談を通じて、働く人のメンタルヘルスや効果的な援助の仕方について研究しています。
著書(熊倉伸宏と共著)「『甘え』理論の研究」星和書店,1984、(共著)「受験生、こころの参考書」曜曜社出版,1992、(共著)「こころとからだの健康百科」ぎょうせい,1998、(共著)「保健・医療・福祉の研究・教育・実践」東信堂,2007、(編著)「福祉現場のロール・プレイング」久美出版,2008、(共著)「生活の質を高める教育と学習」新曜社,2011 、(共著)「社会福祉の可能性」相川書房,2011 他
研究論文職場復帰への援助の一側面-役割の観点から(ロール・プレイング研究,3),児童養護施設における心理的援助上の問題点(心理劇,8-1),ストーリー形成の技法としての内観療法(新潟医療福祉学会誌,3-2),他
社会的活動西東京市総務部職員課 メンタルヘルス・カウンセラー(職員の精神保健対策担当)
東京都児童養護施設職員研修会講師 他

このページの先頭へ戻る