スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

教員紹介

渡邊 豊写真

社会福祉学部/社会福祉学科

渡邊 豊
Yutaka Watanabe
准教授

プロフィール

担当科目地域福祉論、社会福祉専門ゼミ、相談援助実習指導
専門分野地域福祉
学位・称号/取得機関/取得年修士(福祉マネジメント)/日本社会事業大学/2008年
資格社会福祉士、養護学校・中学校・高等学校教諭免許
最終出身校日本社会事業大学大学院福祉マネジメント研究科
過去の経歴新潟県社会福祉協議会福祉人材課長、企画広報課長等を経て現職
所属団体・学会等日本地域福祉学会、日本福祉文化学会、日本地域福祉研究所

業績等

研究領域社会福祉協議会事業、権利擁護事業、災害福祉、福祉文化、ボランティア活動
研究紹介判断能力が不十分な認知症高齢者、知的障害者、精神障害者が、住み慣れた地域の中で安心して自立した生活を送ることを支援する日常生活自立支援事業、成年後見制度や、地域おける権利擁護の仕組み作りと関係者のネットワークなどについての研究。
著書一番ケ瀬康子、渡邊豊他著『地域社会と福祉文化』明石書店 2002年「豪雪過疎地における福祉文化活動の歩み」101~111頁   永山誠、渡邊豊他著『福祉文化とは何か』明石書店 2010年「福祉文化とは何か~新潟福祉文化を考える会の活動を通して~」189~203頁   石田易司、渡邊豊他著、渡邊豊編『災害と福祉文化』明石書店 2010年「災害と福祉文化~阪神・淡路大震災被災者へ絵本やおもちゃを届け続けて~」等3~8、71~74、133~152、231~235頁
受賞歴日本福祉文化学会第1回福祉文化実践学会賞(2005年)
研究論文「高齢施設における自然環境デザインの意義―特別養護老人ホームの小動物と自然環境を生かしたケア体制」日本社会事業大学・国際長寿センター 2000年『 自然との関わりを通じたケア―環境と福祉の統合に関する調査研究 』22~26頁   「施設サービスにおける地域福祉権利擁護事業~入居施設との連携と利用者の代弁機能」全国社会福祉協議会2004年『ふれあいケア』1月号14~16頁   「災害時におけるソーシャルワークの実践と課題~中越大震災から学ぶ~」等 日本地域福祉研究所2007年『災害時におけるソーシャルワークの展開事業報告書』67~96、114~115頁   「社会福祉協議会活動の発展と権利擁護の取り組み」全国社会福祉協議会2009年『権利擁護虐待防止年報2009』 30~32頁
社会的活動日本福祉文化学会理事・総務委員長、日本地域福祉学会地方部会委員、新潟県社会福祉士会権利擁護センターぱあとなあ新潟運営委員、新潟ボランティア連絡会副会長

このページの先頭へ戻る