スマートフォンサイトを見る

社会福祉学科

教員紹介

山口 智写真

社会福祉学部/社会福祉学科

山口 智
Satoru Yamaguchi
助教

プロフィール

担当科目相談援助実習指導Ⅰ、相談援助実習Ⅱ、相談援助演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、基礎ゼミ、社会福祉基礎ゼミ
専門分野障がい福祉
学位・称号/取得機関/取得年博士(保健学)/新潟医療福祉大学/2017年
資格精神保健福祉士、社会福祉士、相談支援専門員(障がい者相談支援〔障がい者ケアマネジメント〕従事者)、成年後見人養成研修修了、CAPスペシャリスト、健康生きがいづくりアドバイザー、ストレスチェック実施者、調理師
最終出身校新潟医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 医療福祉学専攻(博士後期課程)
過去の経歴医療機関(医療ソーシャルワーカー)、障がい者相談支援事業所(相談支援専門員)等を経て現職
所属団体・学会等日本精神保健福祉士協会、新潟県精神保健福祉士協会、福島県精神保健福祉士会、日本社会福祉士会、新潟県社会福祉士会、日本相談支援専門員協会、新潟県相談支援専門員協会、認定特定非営利活動法人ふくしま成年後見センター、新潟医療福祉学会、日本保健福祉学会、日本精神保健福祉学会、日本地域政策学会、日本生活支援学会、日本応用心理学会 等

業績等

研究領域障がい者(児)ケアマネジメント、地域生活移行支援・地域定着支援、権利擁護支援
研究紹介 “援助”ではなく、“支援”をすることで、その人にとっても「“自立”≒“自分らしさの追及”」につながることがキーワードと考えている。
 内容としては、障がい者ケアマネジメントの手法を通してかかわる障がい者(児)に対する地域生活移行支援および地域定着支援である。ソーシャルワークの役割と課題を明確にしたアプローチによる個別支援の強化を図り、ソーシャルワーカーとしての価値・知識・技術・倫理を高め、地域を支える包括的な支援の拡充手法を研究している。
著書(共著)相談援助の基盤と専門職[第2版]、弘文堂編集部、2014
研究論文(単著)Developing a Consultation Support Specialist training and education program: a social work viewpoint based on disaster victim support.The Niigata Journal of health and Welfare Vol.16(1).(in Press).
(単著)Reasonable accommodation in an institution of higher education-Support to students with disabilities-.The Niigata Journal of health and Welfare. Vol.15(1)2016.
(単著)東日本大震災の体験から導き出された支援者のコンピテンシー-精神保健福祉士の視点から-、日本生活支援学会第5号、2016
(共著)東日本大震災発生時における精神障がい者への支援―災害精神医療と災害精神保健の比較―、福島学院大学紀要第45集、2014           
(単著)知的障害者への支援を通した一考察~成年後見制度の利用支援を中心に~、福島学院大学紀要第46集、2013
(単著)障害者の地域生活を支援するための一考察~相談支援の充実を中心に~、福島学院大学紀要第44集、2012
(単著)精神障がい者の地域生活移行支援について-障害者自立支援調査研究プロジェクトに関する一考察-、新潟医療福祉学会和文誌第10巻2号、2009
(単著)社会的入院者の退院後地域定着に向けた訪問支援に関する一考察、福島学院大学紀要第42集、2008
(単著)精神疾患をもつ女性への出産後の育児支援の課題と方法、福島学院大学紀要第41集、2007
社会的活動新潟県障害者施策推進協議会委員(第4期新潟県障害福祉計画の策定)、各種研修会講師(日本精神保健福祉士協会 生涯研修制度 基幹研修Ⅰ・Ⅱ 研修講師、認定特定非営利活動法人ふくしま成年後見センター研修講師 他) 等

このページの先頭へ戻る