HOME > 大学院概要 > 大学院の構成・ディプロマポリシー
大学院の構成・ディプロマポリシー

大学・大学院の構成

医療福祉学専攻〈博士後期課程〉 理学療法学分野 作業療法学分野 言語聴覚学分野 義肢装具自立支援分野 医療技術安全管理学分野 看護学分野 健康スポーツ学分野 健康栄養学分野 保健医療福祉政策・計画・運営分野 保健医療福祉マネジメント学分野 医療情報・経営管理学分野 プロジェクト研究センター 運動機能医科学研究所

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

  1. 修士課程の教育研究者プログラムでは、研究科の定める期間在学して所定の単位以上を修得し、所定の年限内に研究科が行う修士論文の審査および試験に合格し、課程を修了することが学位授与の要件である。
  2. 修士課程の教育研究者プログラムでは、保健・医療・福祉・スポーツに関して、学際的・総合的な視野と、専門分野における研究能力を身につけているかどうかが、課程修了の基準となる。
  3. 修士課程の高度専門職業人プログラムでは、研究科の定める期間在学して所定の単位以上を修得し、課程を修了することが学位授与の要件である。
  4. 修士課程の高度専門職業人プログラムでは、保健・医療・福祉・スポーツの領域の問題を多面的に認識し解決できる、体系的な専門知識と高度な問題解決能力を身につけているかどうかが、課程修了の基準となる。
  5. 博士後期課程では、研究科の定める期間在学して所定の単位以上を修得し、所定の年限内に研究科が行う博士論文の審査および試験に合格し、課程を修了することが学位授与の要件である。
  6. 博士後期課程では、国際的に活躍できる教育研究者として自立して活動し、また高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけているかどうかが、課程修了の基準である。