ホーム > 教育カリキュラム

教育カリキュラム

履修要件

区分 科目名 形態 単位数 実施場所 開講時期
共通科目 国際保健医療学演習Ⅰ(ケースメソッド) 演習 4 学内 派遣時期、 入学時期に応じて 開講します。
国際保健医療学演習Ⅱ(プレゼンテーション) 演習 4 学内
フィールド実習 実習 8 海外
課題研究(JICAプログラム) 研究 4 海外・
学内
修士課程共通科目2科目 講義 4 学内
分野専門科目 所属分野の特論1科目 講義 2 学内
所属分野の演習1科目 演習 4 海外・
学内
合計     30  

内容

国際保健医療学演習I(4単位60時間)
開発途上国の保健・医療・福祉・スポーツの課題や協力隊等が任地で遭遇する課題について、実際のケースをもとに解決策をディスカッションする。過去の協力隊が取り組んだケースも含める。(集中講義)
国際保健医療学演習II(4単位60時間)
各自の赴任地の課題、解決策、継続的な取り組み(政策提案、組織づくり、人材育成等)への展開方法等について考え、発表し、ディスカッションする。また、プレゼンテーションの方法やプロポーザルの書き方などについて学ぶ。(集中講義)
フィールド実習(8単位360時間)
協力隊の赴任地において、現地の課題、課題解決のための方策案を考え、実施し検証する。
課題研究(4単位60時間)
赴任地の状況に基づき特定の課題について論文にまとめる。
●赴任国の状況に基づき、保健・医療・福祉の重要問題を明らかにするための研究
●問題解決のためのプロジェクト(取組)の評価
●各自の専門能力を向上させるための取組のまとめ
(どのような力をつけたいか、そのために何をしたか、その結果どのようなスキルがついたか)

課題研究テーマの実例

  • スペイン語圏諸国における慢性腰痛患者に対する自主練習メニューを用いた介入効果
  • ベナン共和国A保健センターにおける母親学級導入と実践のプロセス −青年海外協力隊の活動を通した考察−
  • 児童養護施設の実態に関する研究 −ウズベキスタンと日本の児童養護施設の比較から−
  • サハラ以南アフリカにおける成人の身体活動の現状調査と運動習慣啓発への取り組み
  • ミクロネシア連邦の小学生を対象とした伝統現地食の価値の見直しのための小規模学校介入の効果
  • エジプトの障害者就労を取り巻く環境と実態の把握
  • 中米ニカラグア共和国における障害児・者リハビリテーションの現状とチームアプローチ導入のための提案
  • アフリカ南部マラウイ共和国の聴覚障害児に対する聴能評価法の開発

関連リンク

  • 新潟医療福祉大学大学院
  • 独立行政法人国際協力機構